グルグルハウス高柳オフィシャルブログ

gurutaka.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 12日

齋藤鐡心展 空間表現:空間知覚

齋藤鐡心展 空間表現;空間知覚
2016年9月19日(月)~10月30日(日)まで開催されます
c0267580_11262627.jpg

c0267580_11265244.jpg

[PR]

# by Guruguruhouse | 2016-09-12 11:27 | 展覧会
2016年 09月 12日

山花火

9月10日 片貝の山花火を観覧しました
レジデンシーのオオサワ君が案内をしてくれました」
グルグルハウス高柳からは小国町経由で国道404号線を車で約30分ちょっとの距離です

新潟のこの地域には有名な花火が三つあります
柏崎市の海岸沿いに打ち上げられる 「海の花火」長岡市の信濃川の河川敷で打ち上げられる「川の花火」そして小千谷市片貝地区の山間部で打ち上げられる「山の花火」です

片貝の花火は「奉納花火」とも呼ばれ浅原神社に奉納するもので江戸中期から約400年の伝統があり三尺玉の発祥の地としても知られています 現在は世界一大きい「四尺玉」が目玉の一つになっていて今回はそれを見学に行こうとなった訳です
花火の日程は毎年9月の9日.10日に決まっていて大風が吹かなければ雨でも開催されるそうです
目玉の四尺玉はそれぞれの日の最後のとりに一発ずつ上げられます 9日の新聞の一面に紹介されていた
写真は見事な大輪を咲かしていました 大沢君が最高の場所に案内してくれるとの事期待が膨らみます

ジャーン 実はこの写真の花火が10日の四尺玉! でかくて入りません 昨日の花火と違い大輪の中に更に小輪が開く構成だったようです 前触れがわからず思わずシャターを切ったようです 前触れを告知しなかった大沢君は最後の最後にやらかして皆んなのでヤリ玉なってしまいました そして来年のリベンジを名誉挽回に誓ったのでした
c0267580_0204274.jpg

四尺玉と見分けがつかない程の見事な花火でした
木々の間から見上げる花火は初めての経験です おまけに花火の爆発音の凄いこと山々にこだまして大迫力でした。
c0267580_037595.jpg

さてさて 道中に越路町(長岡市に合併)を通過するのですがチョット寄り道をしました
通り沿いに長谷川邸とゆう史跡に指定されている大庄屋の建物があります 今回そこが目的地では無く長谷川邸の角を曲がりチョット行くとありましたありました 今は亡き越路出身の大演歌歌手「お客様は神様です」の三波春夫先生の記念館です 銅像が出迎えてくださいました 写真の小さな小屋にはジュークボックスになっていて「ちゃんちきおけさ」や「東京五輪音頭」や「大利根無情」など数曲入っていてボタンを押すと曲が流れます
c0267580_0214280.jpg

今回の一行は三波春夫をリアルタイムで聴いた方々なので興味深々 愉しみました
結局 全部の曲を聞きました 結構大きな音で響き渡りちょっとはずかしいかった
展示資料館が脇にあるのですが時間の関係で売店だけ見て再出発です
c0267580_0225061.jpg

宝徳稲荷大社の奥の院です 巨大な建物です 国道404号の道沿いに巨大な建物群が山あいに現れます
信越線越後岩塚駅の真上の山で初めて見る方は何なんだと思われる程の大きさと鮮やかな朱色の建物群です 異様とも言えます
建物群を抜けて山のいちばん高い所に奥の院がありその広い駐車場に車を置きました
花火の会場の真裏になるそうですレジデンシー大沢君のお勧めスポットです
c0267580_024518.jpg

日が暮れる前に駐車場の側溝に腰を掛けてお弁当で腹ごしらえです
周囲でも同じ様にお弁当を食べている方々がいます。次々と車が来ます。歩いて行くと農道脇にも椅子やシートを敷いている人々がたくさんいました 広いのでごったがえすほどではなくいいスポットです
大沢君が面目躍如です
c0267580_0253112.jpg

日も暮れて暫くの間 花火を鑑賞しました それではと山を降り浅原神社に向かう事にしました
小千谷市側の片貝地区に行くには約30分の行程になります 峠道を花火の光とペンライトで降ります
近ずくに連れアナウンスと人々の数が増えて行きます 観客の間を縫って行くうちに神社の境内に入って行きました
c0267580_0285299.jpg

山車があります ワクワクしてきます
c0267580_0353855.jpg

神社の参道です
c0267580_03629.jpg

神社の前では法被姿の団体が肩を組んで威勢良く祭りの歌でしょうか?歌い終わると掛け声と共に次々と出陣して行きました
c0267580_0303022.jpg

境内に四尺玉の展示と記念撮影が出来る所がありました
早速皆んなで記念撮影です 今回の一行は7名 40年来の旧友です
c0267580_0363265.jpg

神社を後に四尺玉を見るために峠道を元に戻りました
途中も迫力ある様々な花火あがります
c0267580_037351.jpg

思わず立ち尽くして見入ってしまいました
c0267580_03847.jpg

今年は柏崎市の海花火も見ました 柏崎市も最高だと思っていたのですが山花火も凄かった
大満足でした 来年は長岡市の川花火拝見したいと思います
[PR]

# by Guruguruhouse | 2016-09-12 00:00 | 高柳町通信
2016年 09月 09日

小松稔展 日曜日までです

こんにちは。オーサワです。

小松稔展が、今週末11日の日曜日で終了です。

c0267580_14155668.jpeg

固定されてしまった写真概念ではない、写真表現。
その技術がきになる作品たちでもあります。

※最終日11日の午後には小松さんが在廊予定。
このチャンスにいろいろ聞いてみてください。


グルグルハウスのとしても、新境地の展示となっております。

c0267580_17582337.jpeg



ぜひこの機会に。お待ちしております。





[PR]

# by Guruguruhouse | 2016-09-09 14:19 | 展覧会
2016年 08月 31日

門出のブナ林を散策

こんにちわ。オーサワです。2回目の記事となります。

本日、地元の小学校と、東京の小学校の恒例の交流会が開かれました。
先生にお誘いいただき、菅野さんと私で、門出のブナ林へのハイキングへ同行させて頂きました。

その様子とフィーリングをレポートします。

c0267580_23583439.jpg
ここは門出かやぶきの里、かやぶきの宿の「おやけ」です。古いかやぶきの古民家を改装したお宿。
ここに小学生たちは宿泊したそう。にぎやかそうですね。
(ちなみに、ホームページはこちらから)

c0267580_2358393.jpg
さてかやぶきの里から、国道をまたぎ山のほうへ歩き出します。

c0267580_23584261.jpg
左折すると「大開の棚田」という所みたいですが、ここはまっすぐ、ブナ林を目指します。

c0267580_18045470.jpg
急な登り道をあがっていき、お地蔵さんのいる杉林を登ります。

東京の男の子が、高尾山(東京の高尾です)にのぼった思い出をしゃべっていました。

c0267580_23584620.jpg
視界が開けました。棚田です。

c0267580_23584990.jpg
収穫の時期は近そうです。緑と金色のあいだの色をしていました。

c0267580_23585233.jpg
c0267580_18422151.jpg

ここではおいしい湧き水が湧いています。みんなでいただきました。

c0267580_18415566.jpg
リフレッシュしたらさあ、脇の道を登っていきます。
c0267580_18042979.jpg
これは本うるし。山うるしと違うのは、柄が赤いところ。
樹液はもちろんだけど、ちょっと触るだけでも痒くなるから、触っちゃだめだよ、と子供達は説明を受けていましたが、そんなこと言われると逆に触りたくなった子もいたんじゃないでしょうか(笑)

私は誘惑に負けてほんの指先だけ触ってみました。気持ちかゆくなったような気がしましたが、運良く長続きはしなかったです。

また、この辺で立ち止まって先生と地名の話を。
高柳の地名に「島」が多いことなどが話題にのぼりました。鯖石川からみた陸は、島として見えていた・捉えられていたとか。

c0267580_23585553.jpg
さて、開けたところへ。目の前に森があります。あれがゴールのブナ林。

c0267580_18043462.jpg
門番は大きなイチョウの木。

イチョウはほぼ自生していないので、基本的には人の手によって植えられる木。
自生のブナ林とコントラストを成しています。


c0267580_23585977.jpg
さあ、飛び込みました。ブナ林へ。
嗚呼、気持ちいい木漏れ日。

ここのように、低標高でのブナ林は珍しいとのこと。

c0267580_2359611.jpg
高い枝から吊るしたブランコで遊ぶ子たち。

c0267580_18045078.jpg
ブランコはすんごい高いところの枝からぶら下がっています。

しかもその部分まで枝がほぼない。
なのに、木こりさんがよじ登ってロープをセットしたとのこと。ものすごい職人技です。

(ブランコは私もすごく乗りたかったですが、たぶん枝が折れるのでやめときました)


東京の高尾山にはどうやらブナがないようなので、東京の子供たちには少し新鮮だったかも?


c0267580_025921.jpg
ブナ林の魅力はなんでしょう。
銀の幹肌に、さらさらの葉っぱにちょうどいい木漏れ日。とにかく爽やか。

落葉樹なので地面もふかふか。落ちても怪我しにくいし、こんなところのブランコなんて贅沢な遊びかも。

c0267580_18044537.jpg
地面を掘りました。葉っぱの原型をとどめている層が結構深くまで。
なにかの根も張っています。こりゃふかふかなわけです。

c0267580_020330.jpg
これはブナの実。去年のものですが。
熊の好物です。
その年のブナの実の豊凶が、熊が人を襲う危険性を占う材料のひとつと言われてますが、今年はまだこれから。

高柳も、昔より熊の出没が増えた、という声を聞きます。
人が少なくなれば動物が増えてしまうのでしょう。ブナの実だけでは満足できなくなったのでしょうか。それとも?
この実をみると想像を掻き立てられます。


c0267580_18044146.jpg
ブナの芽です。
写真には映ってませんが、子供たちは「これブナかな」「雑草じゃね」などと言い合いながら研究していました。
センスオブワンダーがスクスクですね。
c0267580_18000014.jpg
我々は途中で失礼することに。
なにやらワイルドに昼飯が用意されているようで、羨ましいですね。

ご飯を炊いておられるのは、あの朝日山酒造の久保田のラベルに使われる門出和紙、その紙すき職人さん。とても有名な方。

c0267580_18051875.jpg
帰り道、チョウがチューチューしているところを激写。クロアゲハ?
私は蝶人・伊藤さんの指揮するオオムラサキプロジェクトの植林作業に参加したので、それ以来興味がでてきました。
オオムラサキもいつかここで見たい。

c0267580_18052523.jpg
火の用心。


c0267580_063919.jpg
門出のマップ。
今回あるいたところは、「散策路」というころですね。

ブナ林の向こうには銀杏園があるみたいで、さっきのイチョウはその関係なのかな?
(それにしても紙を漉いている男の方は、ご本人に似てますねえ‥と菅野さん。そうかもです笑)


c0267580_0124147.jpg
集落にて岸田劉生の有名な切り通しの絵に見える坂が。
立ち止まって鑑賞。

c0267580_23594296.jpg
最後はおやけから少し登ったところにある、同じくかやぶきの宿「いいもち」へ。

c0267580_23594627.jpg
ここは高台にあるおかげか空がよく見え、月見をするにはいいところかもしれませんね。


さて、恥ずかしながら、まだ私は高柳の事をほとんど知りません。
8月1日から移住してこの日で丸1ヶ月ですが、実際に歩いてみることで感じがつかめる部分がありました。

これからもっと深く知っていこうと思います。



[PR]

# by Guruguruhouse | 2016-08-31 23:59 | レジデンシー通信
2016年 08月 30日

はじめまして

レジデンシー2号、オーサワと申します。

わたしはいま、ギャラリー米山の2階、住む部分を改装しています。

c0267580_17312025.jpg


壁の塗装が完了に向かっています。
c0267580_22354952.jpg


また、本日は新潟よりいらした学生さんを案内しました。
c0267580_22425178.jpg


右端の方がそうです。ちなみに左端の方が現在グルグルに逗留中の作家・菅野さんで、中央が私です。
彼は建築系の大学院で、まちづくりに関する研究をしていて、中越をめぐる道すがら、高柳を巡ったなか岡野町にもビビッときて立ち寄ったそう。まずはグルグルハウスのギャラリーで小松さんの作品を鑑賞していました。

そのあと菅野さんと私で、関連のきつねの館、ギャラリー米山、酒の館を案内し、貞観園の石段を登り、ちょうど休館日だった貞観園の前でしょんぼりしつつ、それでも周りの景観を楽しみながら、黒姫神社を参拝し、長太夫と案内しました。

我々の通ったルートは、じつは岡野町の明治期以降の新しい街道と、それ以前の古い街道をぐるっとまわるかたちになりました。こういった二つの歴史をめぐる環境があることが、なにか未来につながるポイントかもしれません。

彼はどうも現地で情報やフィーリングを集めて思考する能力に長けている気がしました。彼の目には高柳が、または世界が、今、またはいずれ、どういう風に映るのでしょうか。今後が楽しみです。
[PR]

# by Guruguruhouse | 2016-08-30 17:36 | レジデンシー通信
2016年 08月 14日

風車にシンセサイザーとキャンドルと

8月14日 AM10:30
ガルルスキー場に爽やかなシンセサイザーの音色が響きわたりました
シンセサイザーの奏者は滝沢 卓さん 富山からかけつけてくださいました

セティングに地元のNPOじょんのび研究所石塚さんがサポートしてくださいました。
c0267580_03033100.jpg

三人の男性 左から音楽家滝沢さんじょんのび研究所の石塚さん滝沢さんを紹介してくださった大橋勝彦さん文筆家です。
c0267580_031728.jpg

この演奏会は一週間ぐらい前に急遽決まったことで案内もあまり出来ない状況でした
滝沢さんは観客なしでも気にしません 自然の中で演奏するだけでも良いのですとおっしゃられました。
当日 それでも30名位の観衆が入れ替わりにでも来てくださってホッとしました
c0267580_0313429.jpg

シンセサイザーの音色はガルルスキー場の広々としたゲレンデに響き渡りました。不思議な事に演奏が始まると風車が回るのです。約一時間ほどの演奏はオリジナルの曲から童謡もあって本当に爽やかでした。でも日差しの強さには参りました
c0267580_032980.jpg

滝沢さんは夕方からのコンサートのために大急ぎで富山まで戻られました
次回も是非とも演奏してもらうこと約束しました
お待ちしてます
[PR]

# by Guruguruhouse | 2016-08-14 13:06 | 高柳町通信
2016年 08月 13日

レシデンシー 第2号

31歳の若者が来ました
彼との出会いは2年程前になります
十日町の大地の芸術祭をサポートするボランティア団体の子蛇隊に所属していた彼は通りがけにグルグルハウス高柳を発見します 丁度 ギャラリーでは「柴田智明滞在制作展」を開催している最中で彼は興味深く鑑賞して行きました 後日 滞在制作展とグルグルハウス高柳を「新潟レポ」とゆうウェブマガジンに記事として紹介してくれた事から付き合い始まりとなりました (にいがたレポの記事 「狐の峠のレジデンス」参照

昨年6月の写真 造園関係で働いていた彼はにはの手入れなど手伝ってくれるようになりました
c0267580_23521420.jpg

オオサワ君です 若いですね
c0267580_23524991.jpg


c0267580_23531991.jpg

c0267580_23535924.jpg

[PR]

# by Guruguruhouse | 2016-08-13 11:47 | 高柳町通信
2016年 07月 31日

ガルルスキー場に再び風車

真夏のガルルスキー場に風車を設置しようと子供自然王国の館長さんから提案がありました
勿論 グルグルハウス高柳お手伝い申しあげます!
風車は昨年の3月に真っ白なガルルスキー場のゲレンデに約900本 夏のお盆の時期に合わせてじょんのび村の敷地内の吊橋のある谷間に3500本の風車を設置しました 今回は3回目の挑戦になります
スキー場の中腹から街並みを入れて カシャ
c0267580_9572611.jpg


昨年 1回目の雪の中の設置は1日だけのトライアルイベントでした
子供達にも手伝ってもらいました
c0267580_2326154.jpg

広いゲレンデに900本ではチョット数が足りなかったです
c0267580_23304557.jpg

二回目はじょんのび村の敷地内での設置です
風車のイベントを監修されたアーチストの根岸和弘先生と子供自然王国の館長の中村和成さんのツーショット
事前の下見でした これで「上昇気流に乗って」とゆうテーマが決まってデザインされました
c0267580_1232331.jpg

3500本はボランティアの方々に手伝ってもらいました
c0267580_1234739.jpg

吊橋を渡って多くの人々が見学に来られました
ただ残念だったのはこの谷間にはなかなか「良い風」が吹いて来れません 吊橋の欄干に取りつけた風車がクルクル回っているのに地上の風車は休憩中が多いのです 朝夕のいっとき良い風が吹くようでした それで次回は風が吹き抜けるスキー場のゲレンデやろうとゆう発想になった訳です
c0267580_1241361.jpg



3回目 今年は8月1日から22日まで開催予定です
根岸和弘先生からアイデアスケッチが送られてきました 先生は来られませんので自分達で判断で設置しなければなりません 次回からはアイデアも含めてすべて自分達でやる事になります
今回は写真中央の「虹と黒姫山と棚田」でゆくことにきめました
ただ スキー場のゲレンデは広いから本数が少ないのではないかチョット心配です
c0267580_10182479.jpg

まず下準備 ゲレンデの草刈作業です
業者さんが2日ががりで刈上げます
c0267580_0555624.jpg

刈上げが終了したので仕事の目安のガイドラインのロープと風車を設置しました
明日から本ガイドライン引きが大変です
c0267580_0564154.jpg

朝から夏の陽射しが照りつけます まずガルルスキー場のレストハウスに格納されている雪上車を出して作業スペースの確保 しかし雪上車てでっかいものですね〜
c0267580_0571264.jpg

炎天下のライン引きです 汗が噴き出します 水分補給をしっかりやらないと熱中症にやられてしまいます
c0267580_0575581.jpg

午後は風車を別の倉庫から移動して箱から出してチェックしました
ライン引きとチェックと直しに3人で2日ががりでした
c0267580_0581795.jpg

7月31日 ボランティアの方々と私達を含めて15名が集りました
今日は各地区で共同防除の作業が入っていて集まってもらえるのか心配でしたがほっとしました
そして挨拶と簡単な説明の後作業に入りました
c0267580_17410.jpg

c0267580_0594086.jpg

概ね午前中で作業が 完了しました
私達は残って最終調整です お疲れ様でした
c0267580_105060.jpg

午後一番 初見学のお客様です 二人の子供さん楽しそうです
c0267580_12561.jpg

[PR]

# by Guruguruhouse | 2016-07-31 00:00 | 高柳町通信
2016年 07月 17日

小松稔展「MINORU KOMATSU WORKS」

小松稔展 「MINORU KOMATSU WORKS」が開催されました
c0267580_12391298.jpg

c0267580_12393059.jpg

搬入飾り付けです 奥様と二人で来られました
奥様も美術の先生です
c0267580_13405245.jpg

とりあえず作品を並べました 少し多めに持って来たそうです
飾りきれなかったらカフェコンバインもありますよ。
c0267580_13425285.jpg

配置など手間取るところは少なく、手際良く進んで行きます
展覧会の経験の多さでしょうか?
c0267580_13433085.jpg

かなりいい感じです
c0267580_13451679.jpg


c0267580_13445229.jpg

奥様のスカート 作品と同じです 作ったのですねオシャレですし羨ましい!
c0267580_13442789.jpg

一通り会場が完成に近ずいたのでほっとした感じがよく伝わります
ご苦労様です 先は長いですよろしく!
c0267580_1344524.jpg

[PR]

# by Guruguruhouse | 2016-07-17 01:04 | 展覧会
2016年 07月 15日

「もんぺこ」のデビューと黒姫山太鼓と落語とフリマ

7月14.15日は黒姫山祭りでした 模擬店も出ています
c0267580_2391277.jpg

石塚酒造ぎゃらりー姫の井「酒の館」の会場です 間もなく10時の開演です
c0267580_2311930.jpg

大分観客も集まっています
c0267580_23162897.jpg

そして 「もんぺこ」のデビューです
もんぺこは地元の岡野町商店街の女将様たちが中心となって町興しの為に結成したグループです

デビューの挨拶です
お揃いのユニホームにちょっと胸キュンでした
c0267580_11521150.jpg

挨拶の後 地元の黒姫山太鼓の演奏、新潟大学落語研究会の女子学生2名による寄席、そしてフリーマーケットにお酒の試飲となりましたう

黒姫山太鼓です 今日は子供達は学校です そのため大人たち五名による演奏になりました
c0267580_2041864.jpg

演目は二曲 「大地」と「八季」いずれも高柳を表現したものです
(個人的な事ですが 黒姫山太鼓を聴くと目頭が熱くなってしまいます 感動なのです!
c0267580_2381872.jpg

五人目のメンバー紹介です ポルトガル人でリスボン大学の大学院生のリカルドさん
文化人類学を研究されているそうです 高柳の荻の島に体験留学中です 太鼓は2ヶ月間練習してきたそうです 結構緊張していると言ってました頑張って行こう!
c0267580_23231710.jpg

太鼓はの後は新潟大学落語研究会の女性2名の寄席なりました
えちご亭 あいさん、追求亭 八重さんです
残念ながら私は裏方仕事の太鼓の搬出やらで高座を拝見出来なかった 残念でした イベントが終了した後でチョットの時間お話を聞きましたがやはり輝いていました 若いエネルギーはいいですね 周りも若返らせるのですから
c0267580_23233921.jpg

フリーマーケットです。さてさて たくさん売れたのでしょうか? 町内いや高柳全体でフリーマーケットに参加出来ればいいですね 物々交換だって楽しそう! 第二弾楽しみです
c0267580_23293974.jpg

[PR]

# by Guruguruhouse | 2016-07-15 00:00 | 高柳町通信