<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 25日

井山紘文展 ー土で描くー

井山紘文展 -土を描くー 
3月6日(日)~4月10日(日)まで開催予定

c0267580_11151796.jpg

c0267580_933973.jpg

浦和の自宅に作品の引き受けにお邪魔しました 久しぶりのアトリエですが雰囲気は変わりませんね
c0267580_211243.jpg

井山さんです 花粉症でマスクは離せません 月末に展覧会を控え大忙しです そのため今回の展示は全部お任せになりました 会期の終盤になって高柳に来られるそうです 待っています!
c0267580_211457.jpg

いつもの事ですが限りある狭い会場で一人の作家の流れを見せるといっても大変です。
不満はあると思いますが勝手に展示します宜しく などと思いながら作業をしています
c0267580_2143978.jpg

近所の方が見に来て下さいました
c0267580_21131868.jpg

井山さんが具象画から抽象画に変わった初期のアンフォルメル作品(1977年制作)です 青色のドットの作品(1981年制作)です 懐かしい なんか あの頃より新鮮に見えてきます
c0267580_21154939.jpg

白と黒のストライプ ミニマム作品は(1980年制作)です 短期間に随分と試みていますね
c0267580_2114508.jpg

右側の作品はかなり地層のイメージが固まっていますが油絵の具で描かれています
左側の2点は比較的最近の作品です 東日本地震で被害を受けた三陸の山田湾をテーマにしています
この頃の作品は土を顔料にして描いています
c0267580_21141259.jpg

縄文大好き井山さん 土器片や縄文のかまどの跡の土地層から採取した土を顔料にしています
c0267580_21534691.jpg

井山紘文展 4月10日まで開催です
[PR]

by Guruguruhouse | 2016-02-25 11:15 | 展覧会
2016年 02月 15日

奇祭 バイトウ

2月14日 
十日町市川西町大白倉地区に伝わる奇祭「バイトウ」に行ってきました
例年ならば1月15日に行なわれているはずのお祭りですが雪が降らずに1か月延期されていました

グルグルハウスから大白倉までは車で約15分の距離、国道252号線から小国町方面に向う山の中にある小さな集落です。時々 利用するこの道沿いのこの地域に「バイトウ」の看板が所々にあり意味がわからないないまま気になっていたのですが、ある時 民俗学好きの友人から火を使ったお祭りであること、過疎も進んでいつまで存続するかわからないから是非とも観に行くといいよと言われて行って来ました

c0267580_059401.jpg

渋海トンネルを抜けると間もなく集落です
何処でやっているのかと思いきやすぐ道沿いに大きな積みわらようなものを確認しました
c0267580_10788.jpg

雪の土台の上に建つ竪穴式住居のようです。
お祭りが始まる時間より若干早いのですが入って行くことにしました
集落の方々でしょうか すれ違う時にいらっしゃいと声をかけてくれます 嬉しい言葉です
c0267580_10339.jpg

入り口のムシロの間から恐る恐る覗き込むと「お入んなさい!お入んなさい!」と大きな声でお誘いです。思わず引き込まれてしまいました。中は結構な大空間です 。直径8m高さ10m位でケヤキ等の小木を組み合わせその上に藁束を葺いてありました。若い女性の方が声をかけて下さいました。「酒になさいますか?」「いいえ 車でなのでの飲めません。」「豚汁がありますからお座りください。」焚き火の廻りのゴザの下にも藁が敷き詰められていてふかふか寒さも感じません。
すでに何人の方々がくつろいでいます。大きな声で声をかけて下さった方が座長さんのようです
バイトウの由来についてお伺いしてみました
ちょっと歯切れが悪く「 実はわからないのです。古文書も火事で焼失してしまいました 長老さえも
由来がわかりません。」「漢字ではなくカタカナですが外来語、アイヌに蝦夷或は外来に関係するのですかね?」と言うと「この辺は30㎝も地面を掘ると縄文土器がゴロゴロと出てきます。石仏やら道祖神などの遺跡も多く、大昔から人々の暮らしがあったのです。修験者が来る様な土地でもありこのような五穀豊穣をを願うお祭りが作りあがったのでしょう。」と言われました。
c0267580_10576.jpg

豚汁を頂きました お代わりまでさせてもらいました 美味しかった
c0267580_178100.jpg

一度 用事を済ませて再びきました 中には沢山の人が入っています ざっと見て60人位かな。
ちょうど空いた焚火の近くに座らせてもらいました。再び豚汁、竹棒で餅を炙って食べさせてもらいました。焚火の焔と暖かさに幸せを感じつつほっこりしてしまいました。まどろんでいると座長さんが今日は風、天気も悪くなりつつあるので少し早めに火を放ちますとの事、その前に締めの天神囃子を歌いますとの事、座長さんともうひと方の二人でトウトウと歌い始めました。歌声は焚き木の焔とと共に小屋に充満して行きます。周辺からも合唱が聞こえてきます。五穀豊穣を祈る事ってこんな感覚なんだ~と実感しました。(言祝ぎの天神囃子は始まりの時にも歌われるそうです)
c0267580_174356.jpg

会場の中の方々に声掛けして火付け係をつのりました
松明を使い点火するようです。手順を説明して着火です
c0267580_181348.jpg

凄い煙で充満するので慌てずに退避して下さいと言ってたとおり煙が出ました
外から見ることにしました
c0267580_184538.jpg

瞬く間に火柱となりました 焔が周囲を照らします火の粉や煙は闇夜の空深くに消えてゆきます。
c0267580_1947.jpg

概ね燃えて骨組みが見え始める頃 座長さん集落の方が挨拶に登られて今年の豊穣祈願が上手く行った事、お祭りを見守った観客に御礼を述べて万歳三唱をやって終了しました
c0267580_192657.jpg


以前 80戸あったと言う家も今は13戸になっているそうです。ボランティアの方々の支えを得て運営していかなければ難しい状況になっているようです もう地元の祭りじゃ無いよなどと言う声も聞こえました 
この辺ならどこでも抱えている問題です やはり、やる気のある地元の方々がいる限りは再編してでも伝承してほしいと思います  祭りの焔の温もり、心遣いの中に日本人の根源があると感じて帰路に着きました
[PR]

by Guruguruhouse | 2016-02-15 01:15 | 高柳町通信
2016年 02月 12日

杉玉作り

地元の石塚酒造所「姫の井」さんの新酒ができます
杉玉を作りました
先輩が来られたので一緒に手伝ってもらいました
K野先輩、芸大の洋画科卒の写真家です 静養に来られたのですが、お手伝いしてもらいました
先ずは杉玉の芯作りです
c0267580_23241970.jpg

大中小3つ作りました。直径30・25・20㎝です約3〜4倍のおおきさになります
大玉だと50~60Kgになるとのこと ロープも付けました
c0267580_2324422.jpg

グルグルハウスの事務局長の斉藤さんの自宅前の林で杉の葉の収穫です
栃が原の区長さんに承諾をもらい作業開始です K野さん静養になりません ごめんなさい!
c0267580_23251020.jpg

3つの杉玉を作るのに軽トラック3台分の材料が必要でした。
c0267580_23281295.jpg

次は枝の剪定です
c0267580_2326786.jpg

下の方から中心に向かって小枝を突っ込んで行きます
髭のようです。
c0267580_23264958.jpg

三分の一位 挿したところで大雑把に丸みをつけたました ちょうど石塚酒造 姫の井の女社長さんが来られました ワンカットしてもらってました。
c0267580_2329349.jpg

とりあえず 一番小さい60㎝球完成です 初挑戦でした 組み立て刈り込みだけで1日仕事でした
c0267580_23334024.jpg

翌日 大きなサイズに挑戦してみました 90㎝になる予定です
近所の板場さんが手伝ってくれる事になりました 百人力です
c0267580_23344940.jpg

二人でどんどんと差し込んで行きます 剪定して小枝にする作業が追いつきません 速い!
c0267580_23372552.jpg

板場さんが色々と便利な用具を貸して下さいます。切れ味の悪いハサミも調節してくださったので順調に作業がはかどりました。数時間で作り上げてしまいました 。ロープの編み込み方や金具など指導してもらって取り付けに行きました。
c0267580_23374829.jpg

ジャーン こんな感じなりました 遠目には良いんじゃないですか!
c0267580_2338822.jpg

次は 戻って中位のサイズに挑戦です。
[PR]

by Guruguruhouse | 2016-02-12 23:32 | 高柳町通信