グルグルハウス高柳オフィシャルブログ

gurutaka.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 26日

関根苔華 刻書展「蘇る木々たち」

3月8日から4月12日まで
関根苔華刻書展「蘇る木々たち」を開催します
c0267580_7233432.jpg

関根苔華先生は小生の中学校の国語の先生でした。
国語の授業を直接受けた事はありませんでしたが、書道をならいました。
当時、野球部の顧問をされていて、野球帽の日焼けされた顔から覗く、鋭い目線が印象的でした。野球と書道、動と静を授業で受け持つ先生に妙な違和感を覚えたものです。
c0267580_2221589.jpg

c0267580_723538.jpg


時を経て、小生が木を使った作品を発表するようになった頃から 刻書をされている先生の展覧会を拝見するようになりました
どのように木と対しながら制作しているのか興味深い事でした 。
各々の木が育って来た環境や時間 、道具として構造物として過ごてきた木々の経歴は様々です。素材の持つメッセージを感じて、それをどの様な言葉に集約して、どう刻むのか 。木との会話が必要です。素材に教わるという姿勢、共存する姿勢は小生の制作活動にとても良い参考にさせて頂きました。
c0267580_2221168.jpg

アトリエにてノミを片手に木槌を振る姿は中学時代に感じた違和感を払拭させてくれるものでした。
c0267580_22403614.jpg

しかし 中学時代の美術の先生のM屋先生、担任のY田先生といい ここまで来ていただけることがとても不思議な感じがします
キーワードはアート活動でしょうか?
[PR]

by Guruguruhouse | 2015-02-26 00:47 | 展覧会
2015年 02月 23日

風車と蕎麦屋の日

2月21・22日は高柳の雪祭り「YOU.悠.遊」でした
駐車場の雪山で風車を設置してみました また カフェ「コンバイン」ではそば寿司を販売しました

風車は根岸和弘先生からお借りした200本の内の100本をお披露目しました
この風車は数年前に埼玉近代美術館の企画で県内のいくつもの美術館を舞台にして展示されてきた品です。根岸先生のデザイン監修で会場を彩ってきました 私はその企画のスタッフとしてお手伝いしてきた 経緯が有ります いずれの時にか高柳にも風車の華を咲かせたく思っていました 先生の協力するよとの言葉をいただき 今回 試験的に設置してみました 因みに3月15日に子供自然王国の館長のN村さんの協力でガルルスキー場に500本程 試験的に設置する事が決まっています そして手応えがあれば3000本の風車を先生のデザイン監修で展示する予定です 夢は広がります
c0267580_12354046.jpg

前日 広報のF前氏と事務長S藤さんと私の三人で100本程 組み立てました
c0267580_2114719.jpg

レインボウカラーに分けて見ました
c0267580_2124675.jpg

高所驚怖症気味のF前氏山頂に登りました
c0267580_2132513.jpg

私も登りました
昨晩一生懸命に組み立てた100本の風車でしたが最低500本ないとアピールできない気がします
出来たら1000本欲しいところです
c0267580_2164942.jpg

その頃 グルグルハウスのカフェ 「コンバイン」ではそば寿司を製造中でした
担当は事務長のS藤さんと指導のO倉さんの二人です
おり詰めで30個分を作ります 二日間のお祭りなので合計60個です 頑張って下さい
c0267580_21221168.jpg

手際良く巻いて行きます
c0267580_21315724.jpg

こんな感じです
c0267580_21242284.jpg

折りにセットしました 笹の葉を敷いて一本分8カットで500円
c0267580_2127487.jpg

広報担当のF前氏が速攻で看板を作ってくれました さすが
c0267580_2127331.jpg

付き合いで予約してくれる人もいて初日の前夜祭、翌日も昼間過ぎには完売してしまいました
c0267580_2131311.jpg

今回のお祭りは大変に天気も良く人出も多かった感じです
残念だったのは忙しくて目と鼻の先の本会場に行くこともなく終わってしまった事でした。
来年はもう少し余裕を持って遊びたいものですね
[PR]

by Guruguruhouse | 2015-02-23 00:09
2015年 02月 15日

嘉者熊勝彦銅版画展(游文舎に協力)

嘉者熊勝彦銅版画展 (日常のまなざし)
柏崎市のギャラリー「游文舎」にて2/14から2\22まで開催されます

嘉者熊勝彦展は2011年の春にグルグルハウス高柳でも開催されました(油彩、水彩、銅版画)
この時に展示した銅版画の作品を游文舎の方々に紹介したところ大変気に入っていただきました
そして今回 游文舎さんによる銅版画展を企画する事になりました その時に発表出来なかった作品も含めて25点を展示します

11日搬入飾り付けです
c0267580_233328.jpg

游文舎を運営する三人です S田さん、S野さん、K下さん
c0267580_2342542.jpg

配置も決まり 手早く壁に取り付けされてゆきます
c0267580_239306.jpg

小生も照明ライトなどを少し手伝いなどさせてもらいました
久しぶりに嘉者熊版画を拝見しましたが 所変われば見え方も変わります
とても新鮮でした
c0267580_23194919.jpg


嘉者熊という名前はとても珍しいのです彼の住む埼玉県戸田市に何軒かあると聞いたことがあります 荒川の戸田橋のたもとの地域に自宅があるのですが 昔は「渡し」があって嘉者熊家はそこの元締め 仕切りをしていたのだそうです
彼は昔からおだやかな方です。とってシャイというか 前に出たがりません 隅の方から じっと見つめている感じの人でまさに今回タイトルの「日常のまなざし」が信条なのです
企画展なので来るように誘ったのですが「すみません会期期間中には行けません」と断られてしまいました 残念 でもしっかりと気使いしてくれて 酒好きな私にと立派な酒とガソリン代を用意してくれていました
こちらが勝手に企画したのだからとガソリン代は断って…酒は頂きました ハイ
彼はそんな人です 作品と人となりがそして戸田の工場地帯や土手のある風情がビタとあっていて伝わって来ます この作品は彼の20台後半の集大成的な版画なのですが20年以上たっても新鮮です
因みに 私が初めて買ったのがこの作品群です 先輩ズラして大人しい彼から シートで13枚だったかな 買い叩きました ごめんね!
[PR]

by Guruguruhouse | 2015-02-15 12:14 | 展覧会
2015年 02月 15日

高柳中3年生の総合学習資料の展示発表(ギャラリーよねやま)

高柳中学校3年生の総合学習の成果発表です
昨年11月18日中学校内での発表会を拝見させて頂きました
生徒の皆さんがとてもしっかりと発表されていたので ギャラリーを使って来られなかった皆さんにも見てもらってはどうですかどうでしょうか? と提案したところ 今回の展示になりました
勿論 ここで発表する前にも地域の方々協力で公民館等で公開されて来ています

グルグルハウスの新ギャラリー「よねやま」では2/14〜3/19まで開催します

高柳中三年生は10名です 都合で9名の生徒の展示になりました
準備のために前日の2/13 の朝8:50 大雪の中 集合しました
c0267580_21402832.jpg

挨拶とお礼の言葉をいただきました
そして早速展示が始まりました
c0267580_21412733.jpg

あらかじめ下見をしたとの事 配列も決まっているようです
c0267580_21415783.jpg

展示は淡々と進んで行きます
c0267580_21423593.jpg

概ね展示が終わりました 後は看板やら顔写真やら細かい所を修正して完成です
c0267580_21431262.jpg

翌日 看板を設置しました
c0267580_1038241.jpg


今年の3年生総合学習のテーマは「地域の一員として自分にできること」
会場には1・2年次の記録も展示されています
1年生の時の活動テーマは 「高柳を知る」
2年生の時の活動テーマは「地域の働く人に学ぶ」・「地域づくりのために」
授業の積み重ねを3年生で実行にするという とっても素敵なプログラムで感心しました
c0267580_1210672.jpg

左側はKさんはテーマ「高柳に懐しさを」活動は花を活ける事に絵本作りなど
右側がHさんは「高柳の四季の魅力」1000人に一回来てもらうより 1人に1000回来てもらう....
c0267580_13433879.jpg

U君「高柳の鳥たち」高柳の自然をもっと知ってもらいたい 野鳥に絞ってみた....
c0267580_2113526.jpg

左側Yさん「高柳の少子高齢化を高柳の活性化につなげたい」子供とご年配者の方々とコラボで絵葉書を作る...
右側W君「未来へつなぐ伝統文化」しめ縄に注目して、新潟のなりわいの匠に認定されているOさんに.
c0267580_21202312.jpg

O君 「高柳の良さを知り つたえる」門出和紙をひろげよう
c0267580_2122431.jpg

K君「高柳のいろんなところに来てもらう」クワイチゴでジャム作りと施設めぐりのスタンプラリー...
c0267580_21213222.jpg

左側M君「ポスターで地域の活性化」高柳には様々な行事があります 全地区の区長さんに電話をして.
右側I君「薬草茶でじょんのび」昔飲まれていた薬草茶の試作、試飲そして行事で振舞う.....
c0267580_21232632.jpg

c0267580_21254611.jpg

FMピッカラの取材です マイクをむけられてもあがることなくしっかり返答出来ています
さすが
c0267580_0193172.jpg

c0267580_0224148.jpg

[PR]

by Guruguruhouse | 2015-02-15 12:04 | 展覧会
2015年 02月 05日

そば寿司作り

先日 近所のおば様からそば寿司の差し入れがありました
とても美味しかったので作り方のコツを教わって作って見ました

このそば寿司を発明したのは栃が原に在った重兵衛商店の女将さんで当時所属していた「食推」(食物推進協議会)のコンクールで受賞された商品だそうです 女将さんは今は引退されていて作りません
妹さんが直伝のレシピで作って差し入れをしてくださいました
c0267580_19505372.jpg

中に入れる具を準備しました カニカマ 卵やき、きゅうり、山ごぼう漬物、わさび菜
c0267580_19511829.jpg

蕎麦は隣町 松代の善屋の品物 一袋200g入りで3本の海苔巻きが巻けます
少し硬めに茹でます 水洗いせずに熱いうちにすし酢に漬け込みます
すし酢は酢を強めにしています
c0267580_19514782.jpg

初巻きです まずはそばを敷きました これぐらいでしょうか
c0267580_1952833.jpg

そばに対して若干 具が大きいような気もします
手前に具をまとめた方が巻き易いようです
c0267580_19523769.jpg

ちょっと巻き方が悪く 左右で太さが違ってます…まっ良いか
c0267580_195332.jpg

柳場 包丁の出番です 。うまく切れますか!
c0267580_19533010.jpg

ちょっと緩い巻きのところがあるようです
ひと巻きを8個に切り分けました
摘まみ食いをしたので少ないですが1袋で24個が出来ました
c0267580_1953566.jpg

一人前8個に漬物を添えてお茶付きでこんな感じです
c0267580_19542743.jpg

実はこれを来る雪祭り「悠、遊、You」の時にカフェ「コンバイン」で限定販売しようと企てています
味はとてもGOOD!酒のつまみにもなります
まだ時間があるので練習練習です
[PR]

by Guruguruhouse | 2015-02-05 21:31 | 高柳町通信
2015年 02月 03日

地元の酒 「姫の井」石塚酒造に見学に行く

高柳酒「姫の井」の石塚酒造所に酒作りの見学に伺いました
今 仕込みの真っ最中です
c0267580_044850.jpg

「姫の井 」の石塚酒造は高柳町の岡野町にあります
酒造りは元禄時代(1700年頃) 庄屋 村山家(名勝 貞観園)に始まります 現在も酒道具を洗ったとされる池が残っているそうです 変遷を経て 大正元年に高柳醸造所として発足 その後石塚酒造として100年を越す歴史を持つ蔵元です
c0267580_22571796.jpg

見学にうかがった時は職人さん方が忙しそうに道具を洗ったりしていました
c0267580_23212241.jpg

杜氏の中村さんが色々と説明しながら案内をしてくれました
こうじ の様子を見ています 酒の良し悪しを左右するので緊張するそうです
まずまずの出来栄えに安堵してますの事 愛おしそうに感触を確かめていました
c0267580_23202429.jpg

酒の樽が左右に並んでいます 木製の樽ではないのですね ガッチリとした琺瑯製の特大容器です
間も無く4樽目の仕込みをするそうです 新酒は2月中旬に発売との事です
c0267580_22535967.jpg

攪拌しています 酒造りの風情ですね
c0267580_23222491.jpg

杜氏の親方です 村田卯一さんです 姫の井の酒造り総監督です
酒造りに一筋に来た方で訓練所で指導もやられていたそうです 超優秀な杜氏さんと聞いています
杜氏さんの高齢化の為どのようにして世代交代をするかが大きな課題だったこの石塚酒造にとっては
救世主のような方でした 酒造りの一生ですねと問いかけした所 「そうです」と一言の返事でした
c0267580_23225446.jpg

この方は高柳町の門出地区の区長さんでもあり 多忙な立場の人です
どうぞ 体を壊さない様にご自愛下さい
[PR]

by Guruguruhouse | 2015-02-03 00:05 | 高柳町通信