カテゴリ:ワークショップ( 22 )


2016年 11月 20日

陶芸ワークショップ (髙栁小 1.2.4年生)

11月16日 グルグルハウスのカフェコンバインにて
伊東剰さんが高柳小学校の児童に陶芸のワークショップを行いました


c0267580_075355.jpg

子供たちの受け入れ準備完了です
カフェコンバインの会場の壁には剰先生のリトグラフ作品と壁際の机にはコーヒーカップや一輪挿しが展示されています 子供たちはそんな雰囲気の中での授業です 羨ましい
c0267580_0165974.jpg

ワークショップ授業には高柳小学校の1.2年生5名と4年生4名の合計9名と引率の先生3名です
子供たちが来て挨拶が終わった後にギャラリーの方で伊藤剰展を見学しました
剩先生の作品説明も終って さあ 戻って制作開始です
c0267580_0202030.jpg

1.2年生には葉っぱをスタンプしたお皿 4年生はマグカップを作りました
まずは1.2年生「 最初はグー トントントン 髭おじいさん.....」など歌いながら要領を教えてゆきます 子供達楽しそうです 剰さん教えるのが「お剰ず」です
c0267580_0214330.jpg

トントントン声を出して作ります
c0267580_029404.jpg

のし棒で平にして耳たぶ位の厚みになったら拾ってきた木の葉を押し付けて模様に利用します
粘土でひもを作り枕代わりにして皿の深さを確保しました
c0267580_0301194.jpg

さて お待たせしました 4年生はマグカップ作りです 色付けまでやるそうです
時間間に合うのかな
c0267580_0304494.jpg

カップに底を取り付けてているところですが真剣でです 皆さん上手です
c0267580_0465984.jpg

付添いの先生も参加です やはり真剣です
c0267580_0484338.jpg

1.2年生も近くまで来て見学です 4年生が大人に感じますねえ
底も付け上がり今度は取手を付けますそして色付けになります
c0267580_0491174.jpg

色付けも終わりました 粘土は信楽です焼きあがると白っぽくなります釉薬はコバルト鮮やかな紺青になります 乾燥させて窯入れをしますのでしばらくお待ち下さい
c0267580_0502640.jpg

記念撮影写真なぜかピンボケになってしまいました残念

ご苦労様でした
完成した作品を見るのが楽しみです
[PR]

by Guruguruhouse | 2016-11-20 00:50 | ワークショップ
2015年 10月 14日

深めよう絆スクール集会

10月8日高柳小学校の体育館で「深めよう絆スクール集会」が開かれました
3年に1回の開催です 地元の もの作りの達人達と子供達と一緒になってものをつくり 「絆」を深めようと言う試みです 私はアートの達人と言う設定です 他には 門出和紙の小林さん中村さんのらんたん風船つくり 岡野町の石塚さんのロープワーク 落合の大橋さんの藁細工 シャッターアートの吉田さんを長岡から招いての集会でした
c0267580_1354167.jpg

c0267580_136254.jpg

c0267580_1362817.jpg

c0267580_1365735.jpg

c0267580_1372161.jpg
c0267580_13751100.jpg

c0267580_1402397.jpg

c0267580_7254516.jpg

c0267580_7262548.jpg

c0267580_727755.jpg

c0267580_7274970.jpg

c0267580_7281699.jpg

c0267580_7284140.jpg

c0267580_72953.jpg

[PR]

by Guruguruhouse | 2015-10-14 09:25 | ワークショップ
2015年 09月 24日

垂らし込み技法で制作

9月20日
池田美弥子先生のワークショップがありました
葉書に垂らし込み技法を使っての1時観半ほどの授業でした

あらかじめ 用意されたハガキ版の薄紙に花が線で描かれています
裏返して鉛筆をこすりつけます 手製のカーボン紙ですね〜
葉書に乗せて鉛筆で線をなぞります うっすらと転写されて 下書完了です
c0267580_23152343.jpg

男性陣は奥様と共に今回 2名の参加です いつも 協力有難うございます
下書きが終わると線に従って水彩絵具で色付けです 乾く前に好みの絵の具を筆に付けてたらし込みます 画面上で絵の具が混ざり合って思わぬ効果をかもし出してゆきます
c0267580_23154875.jpg

向こうの女性陣は会話を楽しみながら作業は続きます 男性陣は仕事をしている感じです
ずいぶん違います
c0267580_23161168.jpg

ひと段落ついて 作家と共にギャラリーで観賞会です
c0267580_23163713.jpg

午後 先生の知り合いの御家族が来られてワークショップの第二段が始まりまし
とっても良い雰囲気です
c0267580_23172275.jpg

出来上がった作品です なかなかの出来栄えです
c0267580_23175814.jpg


夜はご両親と親戚の方々と共に楽しいひとときを過ごされました
c0267580_23211859.jpg


1日中 ご苦労様でした

追伸 10月30日にワークショップを再度開催予定です


c0267580_0124142.jpg


c0267580_013292.jpg

[PR]

by Guruguruhouse | 2015-09-24 22:53 | ワークショップ
2015年 08月 15日

風車3500本のインスタレーション「上昇気流に乗って」

8月10日から16日
高柳の県立こども自然王国とじょんのび村の敷地内で風車のインスタレーションが始まりました

設置予定の場所です すっかりと下草が刈りこまれていました
ご協力 感謝いたします 頑張ます
c0267580_9385960.jpg


根岸和弘先生のイメージの概要図です
c0267580_8123786.jpg
 

風車に込められた先生からのメッセージです
c0267580_7533717.jpg

設置に伴って地元の建設関係の方々に手伝っていただきました
設置のための設計図に合わせてガイドロープを張ります
設計図の長さに合わせてロープを張るのは大変な作業です

c0267580_9454963.jpg

c0267580_940967.jpg

クソ暑い真夏の陽射しの中頑張っていただきました
日影の一休みオアシスです 高校生のお兄さん頑張ってくれてありがとう
c0267580_9403388.jpg

ポイントに目印の風車を差して行きました
c0267580_9405343.jpg

設置の日
中村館長のお声掛けのおかげで多くの地元の方々がボランティアに来られました
じょんのび村のスタッフ方々も駆けつけて下さいました
延べ30人位来られたかと思います おはようございます今日は宜しくお願いします!

根岸和弘先生も来られて総監督のもと作業は開始されました
c0267580_9563462.jpg

c0267580_9571931.jpg

c0267580_9575028.jpg

c0267580_1004152.jpg

c0267580_101142.jpg

c0267580_1015011.jpg

c0267580_109517.jpg

中国の視察団が教育長の案内で作業を見に来られました
c0267580_1083048.jpg

c0267580_1092454.jpg

午後の手伝い方々が参加して吊り橋を飾って下さいました
c0267580_1025454.jpg

8月10日当日です
夏休みの合宿でしょうか遠足でしょうか 子供達が大勢で吊り橋を渡って風車の所に行ってます
c0267580_16284813.jpg

顔見知りの子供たちの姿も見られます どうですか?
c0267580_16293779.jpg

c0267580_1633860.jpg

c0267580_16343491.jpg

観客の方々の反応がとても良くて満足です

皆さんお疲れ様でした
[PR]

by Guruguruhouse | 2015-08-15 09:31 | ワークショップ
2015年 07月 22日

アート通り構想の下仕事

アート通り構想
アート通り構想と銘打って活動を開始しているが下仕事ばかりでなかなか見えてこない。
見えていると言えば 、先日に堀川紀夫先生が野外用の作品を展示してくださったし、以前に個展そして若手の展覧会を企画していただいた白濵雅也氏も作品を貸して下さった。ギャラリー「よねやま」脇の広場には昨年から関根哲男氏のふんどし少年とほうかむりおじさん、前山忠氏 の作品も設置していただいた。そうそう 造園業に転職した美術大好き青年が練習かねて宿舎の庭の手入れに来るようにもなったそんなこんなで 施設の改造、改修も牛歩ながら進んではいる
とりあえず、現状を紹介します
c0267580_174722.jpg

c0267580_17464499.jpg

空き家の利用(ウインドアート)
グルグルハウス高柳の向かいにある廃業された電気屋さんいつもカーテンが閉じられていて寂れた雰囲気を醸し出しています 本家筋の方の了承をもらい利用させてもらうことになりました 
設置する作品は白濵雅也氏の立体作品に決めていたので氏に相談するとどうぞとの事 
但し メイン作品のピーマン君は貸出し中で千葉県の茂原市にあるとのこと 
ちょっとばかり遠いなあーと思いつつ 6月末の吉日引き取りに行って来ました 
前日に埼玉の大宮のアトリエから他の作品を積み込み 高速代をケチって一般道を道をひたすら走りの行程でした

引き取りもうまくいって 九十九里浜に出てリフレッシュ 何十年ぶりの風景だろう 昔はキャンプなどしたもんだなどと思いつつ 帰路に着きました
c0267580_18553553.jpg

無事に到着です 降ろしていると皆さんもの珍しそうに見ていかれます
c0267580_1856458.jpg

翌日 斎藤さんが掃除や片付け作業の手伝いをしてくれました
設置の準備開始です
c0267580_18571268.jpg

雪のせいでしょうか 店内中央の柱がコンクリートの床にめりこんでいます
若干 家もねじれて傾いているのが気になります まあーいいか 使わせていただきます  
c0267580_20414550.jpg

半分片付いて スペースに置いてみました
c0267580_18585393.jpg

良いですね〜
c0267580_190463.jpg

ありがたいことに電気屋さんの両隣りの御主人と奥様が手伝ってくださいました
c0267580_1903223.jpg

積年の水汚れでガラス窓やアルミサッシの水垢がなかなか取れません やっかいでした
c0267580_1913599.jpg

作品の後ろに壁を作ってちょっと雰囲気がでてきたかな
c0267580_1923191.jpg

早速 通りがかった方々の注目を集めました 
c0267580_192541.jpg

壁に白濱さんのチラシを貼って 元々あったブラウン管テレビやってカセットテープを飾り付けて 一応 完成としました
c0267580_12263146.jpg




5月中旬から取り掛かっている地元の石塚酒造所「姫の井」倉庫
ギャラリー「よねやま」を見てあまり利用されていないこの倉庫を資料館のようにしたいとの事
手伝う事になりました 私達はここをギャラリー姫の井「酒の館」と名付けました
元々は山向こうの野田地区にあった小学校の体育館を移築したものだそうです
屋根を支える木造の構造体を見せるために天井を落とす事にしました 空間的にも広がるはずです
c0267580_2135088.jpg

雨漏りがあったのですが 屋根屋さんに改修してもらっています
天井を落とし始めました
c0267580_214301.jpg

屋根裏には木箱などが積み込まれていました
みんな落として行きます
c0267580_2145853.jpg

入り口のスペースには二階建ての物置部屋もありました 壁を外します
c0267580_2152797.jpg

だいぶ構造体が見えて来て思った通りのいい空間が出現です
この後柱の部分にオイルステインを塗って壁は合板を打ち付けます
白壁に塗り上げる予定です
c0267580_2155237.jpg

その後 移動足場を組んだり材料調達作業まで進んでいます 盆過ぎの暑さも緩み始めてから本格的に
改修に入ります

そしてもう一つ
今年のアート通り構想のメイン 藤本邸の改装
予てより作業は進めていたのですが期限を決めての作業です
期限は10月11日 狐の夜祭りに合わせて完成をめざします
私達はここをギャラリーくろひめ「狐の館」と名付けました
昨年末〜年始にかけて開催した古川通泰 狐の夜祭り原画展の作品を中心に祭りの運営団体の「夢追い人」の活動も紹介する場にします

....



一人参加の庭職人大沢君です 美術大好き人間です
彼との出会いは一年半前に開催した柴田智明展の会場に偶然やって来たのが始まりになります
大地の芸術祭のサポーターとしてボランティア活動をやっていて その時点では庭職人ではありませんでした
c0267580_12315676.jpg

久しぶりに会うと日焼けして短髪で逞しくなっていました
c0267580_12324466.jpg


c0267580_12332357.jpg


...




鯖石川に沿って上流いくと温泉施設じょんのび村と子供自然王国、荻ノ島のかやぶきの里、門出の和紙の小林さんを中心にしたべとプロジェクト、自然学校構想、石黒地区のからむし街道祭りなど魅力ある地域が揃っています 掘り起こせば他にも沢山あるのです 連携体制が整えばものすごく面白いエリアになると信じています
ガンバロ~
[PR]

by Guruguruhouse | 2015-07-22 10:27 | ワークショップ
2015年 07月 22日

堀川紀夫先生野外展示

堀川紀夫先生から連絡が来た
かねて お願いしてあった野外設置のための作品を持って行くよとの事
大地の芸術祭の会場の一つで先生方が出品される松之山の「ギャラリー湯山」に寄ってから来るらしい
人手が三人いると言っていたが 到着は4時過ぎになりそうだし 時間的に設置は大丈夫かな~などと思っていたのですが

c0267580_053234.jpg
c0267580_054103.jpg

[PR]

by Guruguruhouse | 2015-07-22 00:47 | ワークショップ
2015年 06月 22日

風車のプロジェクト下見

6月19日 ジョンノビ村で行なう風車のプロジェクトの下見に根岸和弘先生が来られた
県立子供自然王国の館長 中村さんとの顔合わせである
概ねの話の後 現場の視察となりました
c0267580_1412658.jpg

c0267580_11581115.jpg

この吊り橋を渡った谷ののり面に会場は決まりました
c0267580_11583093.jpg

お互いの思いの意見交換です 中村館長さんのお話も説得力がありました いい感じです
c0267580_1159822.jpg

感じを掴むために何本か設置してみることになりました
c0267580_11592781.jpg


c0267580_1159515.jpg

c0267580_1201116.jpg

c0267580_1203095.jpg

概ねの感じは掴めたようです
c0267580_1205012.jpg

さてさて 本番どうなるでしょうか
楽しみと不安と入り混じります
頑張りましょう!
[PR]

by Guruguruhouse | 2015-06-22 01:31 | ワークショップ
2015年 06月 21日

枝豆作りの手伝い

6月の初旬 中3のK君が先生に引率されてグルグルハウス来ました
高柳中3年生の総合学習の授業で枝豆作りをするので場所を提供してもらえないかとの事でした
グルグルハウスでは今年から山羊を飼うのを辞めていました
小さな牧場の跡地は花プロジェクトと称して花壇にする準備中です 元より参加を呼び掛けるつもりでしたので大歓迎 どうぞと言うことになりました とは言っても私は園芸関係はいっさい出来ません
グルグルハウスの担当者は事務局長の斉藤友子さんとゆう事になります
6月11日 朝 高柳中3年のみなさん6名が先生と共にこられました 皆んなで苗床作りです
まず 挨拶です K君緊張気味です
c0267580_145078.jpg

土留めの柱でスペースを確保しました
中に土を運び入れます 土はギャラリー「よねやま」の隣りの広場のふんどし少年の土を掘りました
c0267580_1101783.jpg

c0267580_1121356.jpg

午後からはK君とAさんの二人での作業中です
c0267580_1152742.jpg

作業も一段落すると ギャラリー「よねやま」で個展を開催している坂田先生が冷たいものを2人にご馳走してくれました 2人のひと息ついている様子を見て坂田さんもうれしそうです
c0267580_1162489.jpg

一週間後の6月18日 学校で育てていた苗を植えに来ました
[PR]

by Guruguruhouse | 2015-06-21 00:34 | ワークショップ
2015年 04月 17日

新潟工科専門学校の学生さんが実習に来た

4月17日〜18日に新潟工科専門学校の13名が実習に来られました
本来は荻の島の茅葺屋が実習の対象でしたがまだまだまだ残雪があって作業が出来ません
そこで グルグルハウスの新ギャラリー「よねやま」の二階のレジデンススペースの改装を実習の対象にしてもらいました 7名の参加です 一階では田代敦丕展の初日です 重なってしまいました
畳やら材木やら散乱していました 片付けと掃除の後 壁のマスキング そして床のオイルステインを塗ってもらいました
c0267580_23155378.jpg

グルグルハウスのカフェ「コンバイン」ではデザインの三名の学生がキッチン トイレ、浴室施設の変更で頭を悩ませています
c0267580_23253992.jpg

朝食です 寸胴鍋に50人分のカレーを作りました
どうぞお代わりして下さい(因みに半分位になりました)
この後 フォルクローレのメンバーの方々がやはりカレーで昼飯となっています
c0267580_23512439.jpg

是非 狐の館を作るときにはてつだって下さい
[PR]

by Guruguruhouse | 2015-04-17 23:30 | ワークショップ
2015年 03月 16日

風車 ガルルのゲレンデに風

3月15日 高柳のガルルスキー場のゲレンデに風車の花が咲きました
10時スキー場に行きました 晴れています 少し風が欲しいぐらいです
c0267580_2134931.jpg

朝早くから この車輌でゲレンデの圧雪を行うそうです 今日は終了してひと休みです
c0267580_21343892.jpg

この数日 皆さんで組み立てた風車をゲレンデに持って行きました
c0267580_21353597.jpg

ダンボール箱には50本入っています 全部で合計900本
この風車
普通の風車とはチョット違います
どこが違うのか.....
非常に高価なものなのです.....値段ではありません。
意識が高いのです。そして 由緒ある風車なのです!
この風車は 2006年ニュージーランドのクライチストチャーチの街を彩ました
日本人の心、日本人の感性、日本の文化を、現地の方々に少しでも知ってもらおうと
アーティストの根岸和弘先生が企画されました。地元の日本人会やボランティアの方々の協力で設置されたものです
そして2年後の2008年に埼玉を彩る事になりました
埼玉近代美術館が中心として行なったアート活動「 アートの風をおこそう」のシンボルとしてこの風車が採用されたのです
その活動の一環として 埼玉県内の美術館、博物館等の公園を使い、風車の巡回展が催されました。多くの人がボランティアとして風車の制作、搬入搬出そして飾りつけに参加してくださいました 風車の数は3000本を超えるまでになりました ただ単に綺麗な風車では無く心のこもった風車です。 私も先生のお手伝いと言う事で参加させていただきました

現在、役目も果たした風車が分解されて保管されている状況を知っていました。
なんとか再び再現できないのかと考えていました。先生も同じよう感じていたようですが量的、環境的に個人での設置は至難の技です。
高柳での設置を企画しました 地元の方のアドバイスで子供自然王国の館長N村さんに相談しました やってみましょうとの返事をいただきました。今回のゲレンデでのデモンストレーションとなりました
c0267580_21361265.jpg

スキーヤーが居るので終了の4時半まではゲレンデに飾れません とりあえず時間がきたら
すぐに移動出来るようにゲレンデ脇に色分けして待機させました
子供達も手伝ってくれました
c0267580_21375251.jpg

レインボーカラーに並べます とってもきれいです
c0267580_21383322.jpg

アルミのパイプは雪だとクルクル廻って安定しません
パイプの下から20センチ位のところにクリップと取り付けました
雪に少し埋めるだけで安定してもぐり込まないしクルクル廻りません
厄介だけれど取り付けました 子供達もお手伝いです
ありがとね
c0267580_21424791.jpg

チビちゃん クリップが開かなくて色々角度を変えてわ頑張っていたけれど....可愛かった!
c0267580_21431873.jpg

親子が集まってきました
もともとこのゲレンデではリフトが一本で山と言うより丘を使ったゲレンデデビュー用の
ファミリースキー場です 今日は感謝祭という事で特別子供が多いのです
c0267580_21445544.jpg

ルナ ソ イル さんのミニコンサートが始まりました
夜の部もあります よろしくね
c0267580_21453787.jpg

自然王国さんが集めてくれた、地元の小学生の応援隊ですね 14名が手伝ってくれました
ここの常連さんです
c0267580_2146752.jpg

レインボーカラーの順番に設置してもらいました
c0267580_21465592.jpg

どんどん設置されて行きます 間隔がバラバラですね チョット手直しが必要です
根岸先生の監修の時は先生のデザインの設計図に従ってロープを置きそれに沿って風車を等間隔に設置します 今回はどうなるのかわかりません でも綺麗です
c0267580_21482777.jpg

真ん中はまだスキーヤーが居るので開けてあります
日差しもかなり落ちて人影も長くなって来ました
c0267580_22124343.jpg

間隔と風の方向に合わせましたが風があまりありませんでした すこし残念です
c0267580_2213674.jpg

中に立つとなかなか迫力がありますが 全体的にはスキー場は広い 広すぎる10000本は必要です!
c0267580_22134629.jpg

上段が黒と金色 これは夜空に星
中段は虹をイメージしてレインボウカラーの順番に並べました下段は若草色と花色を並べて残りをランダムカラーを並べました
c0267580_22141514.jpg

癒しの一時です 地元の方々があつまってのバイキング&フリードリンクです
コンサート前に風車について一言、説明させていただきました。
c0267580_22154799.jpg

ルナ ソ イル さん昼間の子供達相手から大人のコンサートに変わって楽しませて頂きました
c0267580_22152492.jpg

スキー場で1日を過ごす事など何十年も昔に数回あっただけです
気持ちの良い1日でした

風車残りも組み立てて何とか生かせる方法考えるつもりです
よろしく
[PR]

by Guruguruhouse | 2015-03-16 20:52 | ワークショップ