グルグルハウス高柳オフィシャルブログ

gurutaka.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:展覧会( 68 )


2014年 07月 19日

関根哲男展搬入飾り付け

7月18日 関根哲男展の搬入飾り付けをしました
自らレンタカーで搬入です
c0267580_13471771.jpg

近所の若者と一緒です E藤くんといっていつも先生の手伝いをしてくれるのだそうです
c0267580_13473771.jpg

位牌の作品です
c0267580_13481292.jpg

大体運びこまれました
さあ 飾り付けです
c0267580_13503876.jpg

半分取り付けが終わりました
これから500台の位牌の作品展示です
私は用事が出来てしばし不在でした 
c0267580_13513481.jpg

戻ってくるとすっかり取り付けられていました
c0267580_13521545.jpg

関根哲男氏です
c0267580_13525416.jpg

床面には書籍もの作品100冊も展示されました
c0267580_13532399.jpg

展示中に拝見させて下さいと通りがかりの方が見えました
一番はじめのお客さまです
c0267580_13533883.jpg

今回はふんどしの作品は持って来ないとの事でしたが変更しました
山羊牧場のさくの前に並べるてもらうことにしました
展覧会が終わった後もここに立てたままになります(冬は撤去しますが)
c0267580_1413138.jpg

青空に赤いふんどしが鮮やかです
c0267580_1414742.jpg


関根哲男展 7月20日〜8月31日まで開催です
[PR]

by Guruguruhouse | 2014-07-19 13:43 | 展覧会
2014年 07月 08日

関根哲男展(原生)開催予告

関根哲男展が(原生)開催されます
7月20日(日)〜8月31日(日)
グルグルハウス高柳でははじめての柏崎市在住の作家になります
c0267580_1101479.jpg
c0267580_1102836.jpg

[PR]

by guruguruhouse | 2014-07-08 23:54 | 展覧会
2014年 06月 21日

関根哲男氏のアトリエ訪問

次回の展覧会作家の関根哲男氏のアトリエを取材訪問しました
門柱の赤ふんどし男が番兵でお出迎えです

関根氏と柴田氏の2ショットです
柴田氏は前々から訪問を楽しみにしていました
そして 先程は壁画の話も決まったのでほくそ笑んでます
c0267580_23241533.jpg

玄関の壁には色々な作品が飾られています
上段に柴田氏の滞在制作展の時の作品も飾ってありました
c0267580_23335032.jpg

お茶を頂きながら お話を伺いました
柴田氏と関根氏は銀座の同じ画廊で発表していることもあって顔見知りです
念願のアトリエ訪問になりました
c0267580_23344291.jpg

今日は作品の写真を撮るのも目的の一つです
まずは自宅裏にあるアトリエに案内していただきました
作品の前でお話を伺いました
c0267580_01582.jpg

フンドシ男の設計図が貼ってあります
今回の展示では出品されません 残念
c0267580_23554159.jpg

位牌も隣にありました これは今回出品されるそうです 床置きで500台の予定だそうです
c0267580_23552430.jpg


照れ臭そうですが 作品の前で写真撮影です カシャ

関根氏 は2014年までに個展だけで71回やっているそうです
左側のはがきは見附市の今井美術館の個展案内 6月27日〜7月27日までの開催予定
右側リーフレットは松之山のギャラリー湯山での個展案内 6月15日まで開催されていたものです
c0267580_9553461.jpg

[PR]

by Guruguruhouse | 2014-06-21 23:20 | 展覧会
2014年 06月 01日

田所一紘展搬入飾り付け

5月31日 展覧会の入れ替えです
搬入飾り付けのために横須賀から作家の田所一紘氏が齋藤鐵心氏と二人で来られました
また 搬出のために小林五空氏が上越から来られました
c0267580_0233264.jpg

田所さんは横須賀を出発して そして八王子で齋藤さんをピックアップして 6時間かけて来られました
五空先生も上越市より一時間半のドライブ ご苦労様でした
c0267580_0235156.jpg

まずは記念撮影です 
五空先生40日間の展示ありがとうございます お陰様で上越方面のお客様が沢山お見えになりました
そして東京展の運営委員長の鐵心さん 最後までに何とか小林五空展を見ようとやって来ました
因みに田所さんは企画委員長です 三人が揃っていい感じです カシャ
c0267580_024776.jpg

撤収作業が始まりました
c0267580_0242593.jpg

搬入飾り付けに比べるとあっという間に片付けは進んでゆきます
c0267580_0251654.jpg

五空先生の作品が運び出されると入れ替わりに田所さんの作品が運び込まれました
予定図で展示の確認をしています
c0267580_0253097.jpg

展示位置も決まり飾り付けが始まりました
長旅で疲れていると思いますが頑張りましょう
c0267580_0255337.jpg

結構 おしゃべりを楽しみながら作業は続きます
c0267580_0261280.jpg

概ね飾り付けが終わりました
c0267580_0273613.jpg

途中で夕食を挟んで9時過ぎまでかかりました
お疲れ様です 温泉に行く時間はありませんでしたが内湯に浸かってお休み下さい
c0267580_0275920.jpg

朝食後のひと時です
c0267580_0282123.jpg

サブギャラリーのカフェコンバインにはインド旅行時の水彩画が10点はど飾られました
c0267580_10324762.jpg

キャプションなども付け終わってメイン作品の前で記念撮影です
c0267580_162945.jpg

看板の前で記念撮影 カシャ
c0267580_0283514.jpg


田所一紘展  6月1日~7月13日まで開催です
[PR]

by guruguruhouse | 2014-06-01 22:59 | 展覧会
2014年 05月 20日

田所一紘展開催予告

田所一紘展  <TRIPTYCH > 
6月1日(日)~7月13日[日)開催予定です
c0267580_2145955.jpg

c0267580_2152197.jpg

[PR]

by Guruguruhouse | 2014-05-20 21:22 | 展覧会
2014年 04月 28日

小林五空展開催

小林五空展 (東京展受賞記念展)
4月20日から開催されています
c0267580_17285022.jpg

c0267580_1729969.jpg


c0267580_10182443.jpg

c0267580_10184449.jpg

4月17日に28回目展の撤収です
c0267580_012952.jpg

18日五空先生は奥様と搬入飾り付けにお見えになりました
c0267580_013099.jpg

真剣なまなざしです
c0267580_0132665.jpg

奥様なんと金槌を持って大工仕事です
c0267580_0141552.jpg

床置きの作品です 「遊形いろは歌」と言って一枚づつ文字になっています
c0267580_018157.jpg

20日の初日 上越の高田の仲間が早速にお越しになりました
c0267580_0203573.jpg

東京展の方も東京から駆けつけてくれました
c0267580_0253338.jpg

カフェコンバインにて歓談中です
c0267580_0261799.jpg

会場ですがとても広々と感じます
c0267580_10223352.jpg

奥の壁の作品はポスターのバックに使ったものです 
大腸のような、蛇のような、のたくった感じがとても印象的です 
会場でゆっくりしていると なんか自分がミトコンドリアにでもなったような気がします
 
画面は筆による描画ではなくスタンプ式の一種の版画のような技法で作られてい今回の他の作品の大部分がその技法によるものです

c0267580_10225552.jpg

いろは文字になっています書家さんの一面が垣間見えます
展示は会場の都合で23枚になっています
c0267580_10231441.jpg
c0267580_10233338.jpg

コンバインの入り口の刻字の作品です
c0267580_10235049.jpg
c0267580_10241486.jpg
c0267580_10242679.jpg


今回の展示ガラス絵などの小品を含めると約50点ほどになります
小林五空展5月30日[日)まで開催予定です
[PR]

by Guruguruhouse | 2014-04-28 00:23 | 展覧会
2014年 03月 24日

グルグルハウス高柳第28回目展

グルグルハウス高柳第28回目展の開催です
柴田智明滞在制作展も終わり一段落
次回の展覧会 4月20日の小林五空展までの 一ヶ月間あまりを施設改装やら修理に使おうと思っていたのですが……これまでの展覧会を振り返ってみようと思い立ち 急きょ企画しました
ポスターは今までのチラシを貼り付けて大急ぎで作りました 今回はチラシ無しです
とりあえず 「グルグルハウス高柳28回目展」としました
c0267580_10394745.jpg


作家の方々が記念に残してくれた小作品とパンフレットを中心にバタバタと並べて楽しんでみました
作品の無い作家の方にはわがままを言って送ってもらいました あと少しで全員揃います
c0267580_10494818.jpg

懐かしい作品も多々あります
c0267580_10535981.jpg

でもそれぞれの展示新鮮に思い出します
c0267580_10554853.jpg


c0267580_10562214.jpg
c0267580_10563741.jpg

通り掛ったSさん声掛けすると 熱心に観てくれました
ありがたいことです
c0267580_1113348.jpg

作品の横に当時の関係写真を貼る事にしましたが ついつい思い出の写真に見入ってしまい
作業は進みません
c0267580_0415075.jpg

c0267580_0421353.jpg

2010年8月8日オープニングの展示会のチラシです グルグルハウス大宮の仲間に出展してもらいました
全てが中途半端な施設の中でギャラリーだけ新装して強行突破の開催でした 懐かしい~
チラシも簡単にパソコンで作って間に合わせました
c0267580_0424210.jpg


c0267580_22144297.jpg


c0267580_22151966.jpg


c0267580_22153977.jpg
c0267580_2216730.jpg
c0267580_2216369.jpg


c0267580_22205298.jpg

キューブ
c0267580_22201195.jpg

[PR]

by guruguruhouse | 2014-03-24 22:45 | 展覧会
2014年 03月 17日

小林五空展 予告編

4月20日~5月31日 小林五空展 墨の魅力・黒の力が開催されます

昨日 上越市の先生のお宅を訪問させて頂きました 
五空先生です 作品の前で座ってもらいました モノトーンの中でいい感じです カシャ
c0267580_2337509.jpg

アトリエです 墨の香りが気持ちを引き締めます
後の大きな作品はグルグルハウスの展示用との事で完成形は7mを超えるそうです
作品はダイレクトに描かれる所は少なく大部分は他の紙や布を間に介在させて作られるとの事で一種の
版画の感覚に似た所もあるのだとおっしゃっられていました
c0267580_23401089.jpg

でっかい筆が掛けてありました もっと大きい筆もあるそうです やはり書家さんのアトリエです
c0267580_23403741.jpg

別棟に案内して頂きました 以前のお住まいで倉庫代わりになっているそうです
このままではもったいないのでギャラリーにでも使えないかなとおっしゃっていました
刻書がいくつも置いてありました最近の作品だそうです
c0267580_2341770.jpg

二階のスペースおおきな毛氈が敷かれていて書の大きさが想像できます
c0267580_23412527.jpg

別の部屋には彫刻が置いてありました 
トルソの方は先生が何十年も前に作られたものだそうです
ほかにも油絵や人体デッサンなどが無造作に置いてありましたが本格的で活動の幅を感じました
胸像はお父様だそうです やはり高校の先生をやられながらここで書道を指導されていたそうです
c0267580_23421737.jpg


前日に写真を撮りたいので伺いたいとの申し出に快く どうぞと受け入れていただきました
そのうえ昼の食事までいただきました ありがとうございます
お陰様で展示の雰囲気がイメージできました
来月の展示を楽しみにしています
[PR]

by Guruguruhouse | 2014-03-17 23:42 | 展覧会
2014年 03月 05日

雪プロジェクト見学

3月2日朝
柴田氏と搬出作品を埼玉でピックアップしてグルグルハウス高柳に向かいました
途中で越後妻有雪アートプロジェクトの松代の農舞台会場に立ち寄りました
c0267580_1134454.jpg

残念ながら午後のメインのイベント」には間に合いませんでした
それでも知り合いの先生方の展示や他のイベントを楽しむことはできました

婿投げ ならぬ 嫁投げをやっていました 婿投げは松之山で行われる正月の風物詩で
新婦を娶った新郎を胴上げした後にお堂したの雪の中に放り投げる 奇祭なのだそうです
そのアレンジ版です  結構投げられたがる人がいました
c0267580_1158898.jpg

ちょっと恥ずかしかったのですが馬そりならぬ人力そりに乗りました
作家であり運営にも関わっている堀川紀夫先生に挨拶に行ったら乗せられてしまいました
数人で引っ張るのですが案外スルスルと進むんです 写真は先生が記念に撮って下さいました
c0267580_1135125.jpg

農舞台の建物内の展示場に行きました
天井に来月グルグルハウス高柳で個展をやっていただく小林五空先生の墨の作品がありました
c0267580_11351287.jpg

中央のひし形の展示作品は舟見検二先生のボックスアート作品です
c0267580_11353219.jpg

人体図に赤ふんどしは関根哲夫先生の作品
夏の暑い時期にやはりグルグルハウス高柳で個展を開催していただく予定になっています
c0267580_11374494.jpg

野外会場に行きました いきなり堀川紀夫先生の作品が目に止まりました
ヤッテル ヤッテルて感じで楽しくなります
c0267580_1138658.jpg

柴田氏が少し左に寄ってくれると瞳らしくなったかな もっとしっかりと狙えばよかった
c0267580_11381864.jpg

坂の途中で褌男達が舞っていました
もちろん関根哲夫作品です
c0267580_11384989.jpg

坂の上から俯瞰で見ると田んぼに印されたぐるぐるの足跡とあいまって不思議な世界がありました
c0267580_11391663.jpg

見たかった 前山忠先生の作品です 昨年の作品は写真で拝見しただけでした
昨年の作品は長い竹竿を等間隔に並べて壁にしてスクリーンを作り 竹の中央部分を白く塗ります
すると雪の背景と融合して見えなくなり 塗り残した部分がフレーム状態で浮き上がって見えます
野外に額が現れて風景を切り取っているのです とても印象的でした
今年は竹を四角に囲って組んでいました 下部を塗って浮遊状態を作っています立体に挑戦ですね
c0267580_1142562.jpg

前山忠先生がおられました この後周りの作品の案内してくださいました
c0267580_11414125.jpg

雪が積もるとかき氷のようになるのだそうです 
c0267580_11454040.jpg

巨大なおじさんが現れました パネル仕立てですが騙されます
c0267580_14321966.jpg

この作品は若い方々三人の共同作品だそうです タイトルは「アナログ」
俯瞰で見るとゴマのような点々はレコード盤でした400枚も使われているそうで近づいてみると白く塗られた竹の棒に固定されていました
私が「レコード盤なら回るようにしたり音を奏でる仕組みがあっても良いのではないかなあ~」 と言うと
すかさず 柴田氏が言いました 「ちょっと 違うと思います 固定されていて良いんだと思います というのは
レコード盤を見て回っているとか音を連想する感覚は今井さん達の感覚であって我々世代では実感を伴わないのです かえって固定しているからこそ実感が湧きます」との事でした 「なるほど そうなんですね」の一言でした 
c0267580_1146198.jpg

帰りがけの褌坂の途中で作家の関根哲夫先生に出会いました
柴田氏とも銀座の画廊を通しての知り合いで昨年の柏崎の先生の個展以来の再会です
柴田氏 出会っていきなり「先生 泊まりがけで遊びに行っていいですか?」今すぐにでも行きそうな雰囲気です 今日は都合がつかないので今月の後半に伺うことになりました そして今日は帰りがけに立ち寄っていただける事になりました

さっそく関根哲夫先生来訪です 柴田氏の展示には2度目になります
ありがとうございます
柴田氏 先生をちら見しながら作業しています
c0267580_162016.jpg

銀座の個展会場で描いた作品も追加して飾りなおしました
と いっても飾ってあるというか、ただ貼り付けただけというか 微妙な所のバランスです
c0267580_1624942.jpg

漫画チックな線描の作品 鮭の遡上先がトイレだったという内容。
線描の作品は他にもあって ヘタウマ路線で微妙なんだけれど魅力的なんです
関根先生もお気に入りで本当に絵描きをしているとほめてくださいました
c0267580_1631132.jpg

先生は しっかりと描き込まれたカンバス作品を2点ほどお買い上げいただきました
私もいい作品なので目をつけていたものでした 
柴田氏の作品は脅威的に安いのです 大丈夫かと思うぐらいです その日を暮らせればいいやとかんがえているのでしょうか・・・
c0267580_1632532.jpg

銀座の個展で10日ほど作家不在だったので会期を延長する事にしました
それならと前山忠先生も池原浩子先生と駆けつけてくれました
c0267580_1722435.jpg

柴田氏 先生方が帰られた後で ありがたいと言っていました 私も同感です
c0267580_1714637.jpg

[PR]

by Guruguruhouse | 2014-03-05 11:46 | 展覧会
2014年 03月 05日

柴田智明展 銀座櫟画廊 最終日に行く

銀座櫟画廊で開催されていた柴田智明展の搬出に行きました
c0267580_11135113.jpg

画廊のS水さんです
c0267580_11141514.jpg

いつもは高柳で顔を合わせるメンバーで皆さん東京の方々ですが
東京は銀座で会っているのが変な感じです
c0267580_11143535.jpg

柴田氏頑張ってパフォーマンスしたのでしょうか?
画廊のS水さんは「展示期間中はとても楽しかったです お客様も今までとは違った方々が起こしになられて良かったですよと」とおっしゃられていました
c0267580_1115993.jpg

さて搬出です 昨年グルグルハウス高柳の展示作家 高島さんも来られて手伝ってくれました
ありがとうございます
c0267580_11152631.jpg

[PR]

by Guruguruhouse | 2014-03-05 11:16 | 展覧会