グルグルハウス高柳オフィシャルブログ

gurutaka.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:展覧会( 68 )


2015年 02月 26日

関根苔華 刻書展「蘇る木々たち」

3月8日から4月12日まで
関根苔華刻書展「蘇る木々たち」を開催します
c0267580_7233432.jpg

関根苔華先生は小生の中学校の国語の先生でした。
国語の授業を直接受けた事はありませんでしたが、書道をならいました。
当時、野球部の顧問をされていて、野球帽の日焼けされた顔から覗く、鋭い目線が印象的でした。野球と書道、動と静を授業で受け持つ先生に妙な違和感を覚えたものです。
c0267580_2221589.jpg

c0267580_723538.jpg


時を経て、小生が木を使った作品を発表するようになった頃から 刻書をされている先生の展覧会を拝見するようになりました
どのように木と対しながら制作しているのか興味深い事でした 。
各々の木が育って来た環境や時間 、道具として構造物として過ごてきた木々の経歴は様々です。素材の持つメッセージを感じて、それをどの様な言葉に集約して、どう刻むのか 。木との会話が必要です。素材に教わるという姿勢、共存する姿勢は小生の制作活動にとても良い参考にさせて頂きました。
c0267580_2221168.jpg

アトリエにてノミを片手に木槌を振る姿は中学時代に感じた違和感を払拭させてくれるものでした。
c0267580_22403614.jpg

しかし 中学時代の美術の先生のM屋先生、担任のY田先生といい ここまで来ていただけることがとても不思議な感じがします
キーワードはアート活動でしょうか?
[PR]

by Guruguruhouse | 2015-02-26 00:47 | 展覧会
2015年 02月 15日

嘉者熊勝彦銅版画展(游文舎に協力)

嘉者熊勝彦銅版画展 (日常のまなざし)
柏崎市のギャラリー「游文舎」にて2/14から2\22まで開催されます

嘉者熊勝彦展は2011年の春にグルグルハウス高柳でも開催されました(油彩、水彩、銅版画)
この時に展示した銅版画の作品を游文舎の方々に紹介したところ大変気に入っていただきました
そして今回 游文舎さんによる銅版画展を企画する事になりました その時に発表出来なかった作品も含めて25点を展示します

11日搬入飾り付けです
c0267580_233328.jpg

游文舎を運営する三人です S田さん、S野さん、K下さん
c0267580_2342542.jpg

配置も決まり 手早く壁に取り付けされてゆきます
c0267580_239306.jpg

小生も照明ライトなどを少し手伝いなどさせてもらいました
久しぶりに嘉者熊版画を拝見しましたが 所変われば見え方も変わります
とても新鮮でした
c0267580_23194919.jpg


嘉者熊という名前はとても珍しいのです彼の住む埼玉県戸田市に何軒かあると聞いたことがあります 荒川の戸田橋のたもとの地域に自宅があるのですが 昔は「渡し」があって嘉者熊家はそこの元締め 仕切りをしていたのだそうです
彼は昔からおだやかな方です。とってシャイというか 前に出たがりません 隅の方から じっと見つめている感じの人でまさに今回タイトルの「日常のまなざし」が信条なのです
企画展なので来るように誘ったのですが「すみません会期期間中には行けません」と断られてしまいました 残念 でもしっかりと気使いしてくれて 酒好きな私にと立派な酒とガソリン代を用意してくれていました
こちらが勝手に企画したのだからとガソリン代は断って…酒は頂きました ハイ
彼はそんな人です 作品と人となりがそして戸田の工場地帯や土手のある風情がビタとあっていて伝わって来ます この作品は彼の20台後半の集大成的な版画なのですが20年以上たっても新鮮です
因みに 私が初めて買ったのがこの作品群です 先輩ズラして大人しい彼から シートで13枚だったかな 買い叩きました ごめんね!
[PR]

by Guruguruhouse | 2015-02-15 12:14 | 展覧会
2015年 02月 15日

高柳中3年生の総合学習資料の展示発表(ギャラリーよねやま)

高柳中学校3年生の総合学習の成果発表です
昨年11月18日中学校内での発表会を拝見させて頂きました
生徒の皆さんがとてもしっかりと発表されていたので ギャラリーを使って来られなかった皆さんにも見てもらってはどうですかどうでしょうか? と提案したところ 今回の展示になりました
勿論 ここで発表する前にも地域の方々協力で公民館等で公開されて来ています

グルグルハウスの新ギャラリー「よねやま」では2/14〜3/19まで開催します

高柳中三年生は10名です 都合で9名の生徒の展示になりました
準備のために前日の2/13 の朝8:50 大雪の中 集合しました
c0267580_21402832.jpg

挨拶とお礼の言葉をいただきました
そして早速展示が始まりました
c0267580_21412733.jpg

あらかじめ下見をしたとの事 配列も決まっているようです
c0267580_21415783.jpg

展示は淡々と進んで行きます
c0267580_21423593.jpg

概ね展示が終わりました 後は看板やら顔写真やら細かい所を修正して完成です
c0267580_21431262.jpg

翌日 看板を設置しました
c0267580_1038241.jpg


今年の3年生総合学習のテーマは「地域の一員として自分にできること」
会場には1・2年次の記録も展示されています
1年生の時の活動テーマは 「高柳を知る」
2年生の時の活動テーマは「地域の働く人に学ぶ」・「地域づくりのために」
授業の積み重ねを3年生で実行にするという とっても素敵なプログラムで感心しました
c0267580_1210672.jpg

左側はKさんはテーマ「高柳に懐しさを」活動は花を活ける事に絵本作りなど
右側がHさんは「高柳の四季の魅力」1000人に一回来てもらうより 1人に1000回来てもらう....
c0267580_13433879.jpg

U君「高柳の鳥たち」高柳の自然をもっと知ってもらいたい 野鳥に絞ってみた....
c0267580_2113526.jpg

左側Yさん「高柳の少子高齢化を高柳の活性化につなげたい」子供とご年配者の方々とコラボで絵葉書を作る...
右側W君「未来へつなぐ伝統文化」しめ縄に注目して、新潟のなりわいの匠に認定されているOさんに.
c0267580_21202312.jpg

O君 「高柳の良さを知り つたえる」門出和紙をひろげよう
c0267580_2122431.jpg

K君「高柳のいろんなところに来てもらう」クワイチゴでジャム作りと施設めぐりのスタンプラリー...
c0267580_21213222.jpg

左側M君「ポスターで地域の活性化」高柳には様々な行事があります 全地区の区長さんに電話をして.
右側I君「薬草茶でじょんのび」昔飲まれていた薬草茶の試作、試飲そして行事で振舞う.....
c0267580_21232632.jpg

c0267580_21254611.jpg

FMピッカラの取材です マイクをむけられてもあがることなくしっかり返答出来ています
さすが
c0267580_0193172.jpg

c0267580_0224148.jpg

[PR]

by Guruguruhouse | 2015-02-15 12:04 | 展覧会
2015年 01月 24日

古川通泰とゆめおいびと展Part2


古川通泰とゆめおいびと展Part2が1月25日から始まります
part2は「ゆめおいびと」にスポットを当てた展示です
ゆめおいびとは祭りそのものが作品なので年表にして見ました

25日の開催です 23日の晩と24日は撤収と飾り付け作業で大忙しです
入れ替えのための予備日を3日間にすべきでした 他の用事も重なり突貫作業です
結局25日の夕方まで道具や掃除機が会場に置きっ放しになってしまいました

特に黒姫山の絵は取り外しも梱包もやたらと時間がかかってしまいました
この絵について観客の方から「これは本当に黒姫山ですか?黒姫山にしては山が多いのではないですか?」と指摘されました
私もチョット不思議には思っていたのですが 片付けながら どうやら作意があってのことに気がつきました 八石山と合体させているのです 八石山は刈羽三山の一つで黒姫山と米山との組合せです
この絵は2000年に東京の表参道にある新潟県のアンテナショップ「ネスパス 新潟館」で和紙の里高柳と小国町が一緒になり首都圏での情報発信として「和のかみ・人・暮らし展」が開催されました その時のために描かれたものです 会場には残雪の黒姫山と残雪の八石山が向かい合わせになって飾られたと当時の報道記事には書かれていたのですが この絵を描いた時に古川画伯のテコ(助手)をしていたと言う方(実は伝説の紙漉き人門出和紙の小林康生氏)が来られて 絵は一枚だったはずだけどなあーと首を傾げます よく考えてみれば 八石山の向こう側は小国町です八石山は小国の山でもあるのです 八石山は連山です画面に山並みを入れるとこんな風に見えると思います 向かい合わせに展示したのではなく 絵の中で向かい合わせに合体させたと言うのが真相だと思います 古川画伯が高柳と小国のために工夫したのだと思います 多分
c0267580_16403553.jpg

夜仕事になってしまいました
c0267580_16425923.jpg

配置はだいたい決めたのでのですが年表や写真の張り込みがあり チョット面倒です
c0267580_16411236.jpg

結局 翌日 仕事がはかどらないのを見かねて事務長S藤さんが写真の張り込みを手伝ってくれました
c0267580_16432818.jpg

ようやく 片付けの段階までこぎつけました やれやれです
c0267580_1647439.jpg

いつもながらギリギリの段階で広報の房前氏に年表の作成を依頼しました
3日後の初日には間に合わせるのは無理だと思ったのですが前日に届きました さすが!
狐の夜祭りの記録を年表のにしてもらい記録写真を並べました
c0267580_16481182.jpg

年表がゆめおいびとの象徴と考えています
いろいろと面白いエピソードなどを聞いてあるので追加してゆくつもりです
c0267580_1649123.jpg

紙芝居なのですが手作りの舞台メチャクチャかっこいいのです 場面は2枚だけです
c0267580_23542370.jpg

一曲一双の屏風 構図もさる事ながら 狐の着物の柄がも何とも言えず素敵なのです
c0267580_2351781.jpg

2月21日・22日には高柳の雪祭り 「YOU ・悠・遊」が開催されます ゆめおいびとの方々も多く参加されると思います それまでに 実際に使うお面や衣装など追加展示出来ればとおもっています
[PR]

by Guruguruhouse | 2015-01-24 11:37 | 展覧会
2015年 01月 08日

アーティスト イン レジデンス ギャラリー「 よねやま 」の新春 守屋直行展

グルグルハウス高柳のレジデンスギャラリー「よねやま」
新春の展示は 私の中学時代の恩師の守屋直行展です 先生は2012年の5月に個展をやって頂いたのですが その後グルグルハウスで作品を預かる事になりました どのように使ってもいいよと言われていたのですが、久しぶりにまとめて並べて見たくて始めました 前回の展示会では立体作品が中心になっていたので今回はその時に展示出来なかった陶芸の作品を主に展示しようと考えて とりあえずザックリと配置をはじめてみました それにしても雪が多いです
c0267580_0264465.jpg


略歴
守屋直行 東京都 荒川区在住

1938 埼玉県秩父生まれ
1961 埼玉大学卒業
1961〜98 埼玉県川口市中学校教論
1961 埼玉県展・創型会展・自由美術展・埼玉前衛展
1962 毎日現代日本美術展
1963 宇部野外彫刻展
1970 川口市展・工芸展・グループ展
1984〜 東京展(86東京展賞・09功労賞)
1986 東京都・秩父にて個展
2012 秩父両神アトリエ(木彫、陶芸)閉鎖

若かりし頃の自画像 レリーフ
c0267580_1452188.jpg

今回の陶芸作品は38点うち6点が野焼きの作品です
c0267580_14354619.jpg

c0267580_14283643.jpg

c0267580_14245963.jpg

野焼きの作品です
c0267580_14253283.jpg

木製の立体作品 「風神・雷神」テラコッタの裸婦像5体展示しました
鉄製の作品もあるので後日展示予定でいます
c0267580_034194.jpg

[PR]

by Guruguruhouse | 2015-01-08 23:44 | 展覧会
2014年 12月 23日

狐の夜祭り原画展Ⅰ・Ⅱ (古川通泰とゆめおいびと)

狐の夜祭り原画展Ⅰ・Ⅱ(古川通泰と夢追い人)が始まりました

c0267580_20242698.jpg
c0267580_20244789.jpg

この秋からとても忙しい日々が続きました その上に12月の初めに降った雪が初雪から根雪になってしまいました 例年より一か月は早いのです 冬支度も間に合わず このままでは 展覧会も間に合わないかと思っていたのですがチラシも前日に届き 何とか開催にこぎ着けました いつもながらの反省です

今回の企画は冬の時期なので二ヶ月強のロングランの開催でやることにしました
その代わりpart1.2に分けて入れ替えを予定しています 前半で「古川通泰作品」をメインに展示して 後半のパート2の方で祭りを運営されているグループ「ゆめおいびと」の活動をメインに展示紹介することにしました

とりあえず前半の展示の風景です
大小50枚ほど作品を額装しました 材料集めからの製作作業で手間と時間がかかります 資金が無いのでしょうがない……しかし腰が痛
そうそう アクリルガラスなど提供してくれた東京駒込の額縁屋の「アスカート」大曽根さん無事に展示出来ました どうもありがとうございます グルグルハウスは事務局、広報そのほか多くの方々にサポートいただいて運営が続いてます 年末になり振り返ってるとシミジミ感じるものがあります 感謝、感謝 でもこれからも宜しく??
c0267580_0423838.jpg

ポスターは約30枚 全部飾れないので入れ替えます どれもみんな素敵な作品ばかりです
一度に展示出来れば素敵だと思います いずれ 大きな会場で再トライでしょう!
c0267580_0441488.jpg

この絵は刈羽の黒姫山この山懐に高柳はあります 椅子に座って居ると自分の位置を再実感しました
7mを超す作品です 会場壁が くの字になっている所を利用して展示をしたのでイメージどうりにいくのか心配でしたが取り越し苦労でした 額縁を黒にしたのも正解でした

この絵は現地の高柳の体育館で描き上げられた作品だそうです 迫力です
c0267580_0434614.jpg

この作品は10回展(1998年)の記念にやはり現地で制作された屏風です
当時の住民の数と同じ(2672名)の狐が描かれています 最後の一匹は町長さんが書き入れて完成に至ったとの事です 観ていて元気が出てきます
c0267580_0432560.jpg



宿泊施設もありますよ 蒔ストーブはイイですよ
電車で来られる方 十日町まで迎えに行きますよ
皆さん是非観にきて下さい お待ちしています

良いお年を…^_^
[PR]

by Guruguruhouse | 2014-12-23 20:25 | 展覧会
2014年 10月 16日

絵本の展示会

2014年10月16日(木)から11月25日(火)まで
「武藤順子と絵本の仲間たちPart2」が開催されました
開催直前に次々に絵本が届きます
c0267580_21574930.jpg

14日 志田天以展の搬出も終わり大急ぎで机の設置やらポスターの張り込み等下準備です
c0267580_2158995.jpg

前日の15日 設営のために東京から加賀美先生と伊藤先生が来られました
先ずは作品のチェックからです ご苦労様です
c0267580_21582796.jpg

黙々と作業は続きます
c0267580_2158437.jpg

机の上には作品が概ねレイアウトされ 壁にには塗り絵でポンのキャラクターが貼られて来ました
雰囲気が出てきました
c0267580_2159466.jpg

初日の朝です 概ね完成 80余点の作品と壁の作品を飾り付けて一安心です
c0267580_21592961.jpg

S谷さん、T春さん地元の方々来られました T春さんは地元からの初出品者です ありがとうございます
お陰様で地元からは四名の方々が出品して下さいました
c0267580_21594834.jpg

二日目の17日は高柳小のアートクラブの日です
手作り絵本のワークショップをやってもらいました
昨年は武藤順子先生が担当しましたが今回は加賀美裕子先生が担当でした
c0267580_2201723.jpg

ワークショップも終わり絵本会場の見学です
子供達 とっても楽しそうです
c0267580_221138.jpg

ちょうど 柏崎の詩歌の同人誌「タムレ」の先生方もお見えになられました
因みに11月15日に詩歌の講演をやることになりました
c0267580_2203855.jpg

役所の方々も視察の途中に見学していただきました
c0267580_2212049.jpg


「武藤順子と絵本の仲間たちPart2」展11月25日まで開催予定です
[PR]

by guruguruhouse | 2014-10-16 21:27 | 展覧会
2014年 09月 16日

絵本の仲間展

来月は絵本の展覧会の予定です
c0267580_23431212.jpg

c0267580_2344832.jpg

昨年の5月に開催した「武藤順子と絵本の仲間たち」のPart2です

ポスター用の写真撮影と展示用のテーブルを回収に上野の都美術館の会場に行って来ました
c0267580_0264229.jpg

c0267580_23274688.jpg

会場には多くの閲覧者がいました
c0267580_0272994.jpg

子供さんの姿も多く会場はなごみます
c0267580_22433863.jpg

壁にも沢山の作品が飾られています
c0267580_23282358.jpg

東京展絵画部門の会場で津田先生に会いました
先生は空きカンを使った「缶響造形」で有名な方でグルグルハウス高柳の初期に展覧会をやっていただきました 大変に協力を頂きました
c0267580_23294699.jpg
c0267580_23304563.jpg

[PR]

by guruguruhouse | 2014-09-16 21:05 | 展覧会
2014年 09月 10日

志田天以展 開催

志田天以展が9月7日初日を迎えました
前日まで下準備に大忙しです 着物などの展示もありいつもと違った緊張感があります
c0267580_11546100.jpg

概ね配置を設定しました
c0267580_11544876.jpg

志田天以さんです
c0267580_1155396.jpg

本日はここまで 明日は着物の飾り付けです
c0267580_11573325.jpg

翌日 振り袖 留袖などが展示されて一気に雰囲気が出てきました
振袖は天以さんの長女の成人式のために天以さんが仕立てたものだそうです そしてその孫さんの成人式にも使われたそうです
c0267580_1235455.jpg

ウエディングドレス 包み込むような白さが素敵です神秘的でした
c0267580_12361135.jpg

セーターや組紐やバッグに財布などみんな手作りです
c0267580_12365322.jpg

お母さんの絵です 描かれている割烹着も展示しました
c0267580_12374554.jpg

初日です 多くの皆さんがお見えになりました
前回の展示作家の関根哲男先生も皆さんでいらっしゃいました
c0267580_11575478.jpg

天以さんのドローイングなどが置かれたテーブルもいい雰囲気です
c0267580_11581182.jpg

初日 この片田舎のギャラリーに多くの方々が訪れて展覧会をご覧になられました
気張って 疲れないようにして下さい

ともあれ 初日が始まって良かった良かった
[PR]

by Guruguruhouse | 2014-09-10 11:56 | 展覧会
2014年 08月 14日

志田天以展 予告

志田天以展 ( 創る育む描くの人生)
9月7日(日)〜10月13日(月) 
金・土・日・祝日の19日間の開催 10:00~18:00

c0267580_1211354.jpg
c0267580_12103666.jpg

[PR]

by guruguruhouse | 2014-08-14 05:48 | 展覧会