グルグルハウス高柳オフィシャルブログ

gurutaka.exblog.jp
ブログトップ

2013年 06月 23日 ( 1 )


2013年 06月 23日

松之山ギャラリー湯山にて堀川紀夫展

<ギャラリー湯山>企画第3弾 堀川紀夫個展 2013年6月22日(土)~8月18日(日)

個展を拝見しにグルグルハウスの仲間3人と松之山まで行って来ました
ギャラリー湯山へは第2弾の舟見検二展に引き続き今年は二度目の訪問になります
ギャラリーは松代方面から松之山温泉郷に向かう手前の国道353号線沿いの湯山集落にあります
国道から坂の小径を少し下った所にあって比較的小さな古民家ですが玄関先の出っ張った雪国らしい
造りです 玄関、庭先は田圃で視界よく明るい印象を持ちました

堀川紀夫先生です
c0267580_2341536.jpg


大地の芸術祭(2006) 空家プロジェクトで使われたこの古民家は2012年に堀川紀夫、前山忠氏
両名の働きかけで常設ギャラリーへとリニューアルされ新潟の作家の方々で企画運営されているそうです

先生のオープニングのギャラリートークには間に合いませんでしたが
会場には幾人も観客がいて熱気があります
c0267580_1495736.jpg


お茶を振舞って頂きました K原さん緊張気味ですね
結構なお点前で....
c0267580_232025.jpg


「この家にはDが潜んでいる」という堀川さんの言葉のとうり デュシャンがいました
この家にあった物に触発された先生が命を吹き込んだオブジェ作品がたくさん展示されていました
今回の展示では出品作品130点以上 この10年間の活動の成果を網羅しているそうです

何やらグロテスクなものが吊り下がっていました イカです コウイカです脇に展示してある白い流線型の物体はコウイカの骨です この対比はすごいですね そしてに嗅覚まで刺激するんですから
そしてコウイカには先生の制作動機コンセプトが隠されているそうです コウイカ(こうい・行為 +か・力)
・・・・・ほんまかいな?
c0267580_1128291.jpg


ちょっと ドッキリします いったい いつの時代から受け継いだ物なのでしょうか?
...先生もしかしたらmmmビニール製だったりしてmmm あり得るなァ 
c0267580_1129715.jpg


このモビールは桑原さんにやたら受けていた作品
私は釘の吊る下がった作品が良かったな
c0267580_11293693.jpg


フレームの仕事 作品の穴の周りには有刺鉄線がぐるりと廻されています
外界をおいそれとは拝見できないようです 先生せつない事しないでください
c0267580_1246994.jpg



帰りがけに記念撮影左上から桑原さん前山先生舟見先生座っているのが私と電話をかけている
堀川先生です もう一人撮影しているが斎藤さんです すみません
c0267580_11304910.jpg


今回 ずいぶんとはめられてしまいました
作品 見逃しているものも多いので もう一度拝見に来たいと思っています
[PR]

by Guruguruhouse | 2013-06-23 00:00 | 展覧会