2017年 01月 31日

2017年1月も終わってしまう

2017年1月が終わってしまう
ブログもアップせぬままに1か月半 
かなりまずいと思いつつ日常の忙しさにかまけていました
昨年暮れからをざっくり総括してみます

1月18日の黒姫山です
c0267580_23512178.jpg

今年の高柳は例年に比べて雪は少ないのですが昨年はさらに少なく雪降ろしもしなかったのが思い出されます ただ初雪が12月初旬でそのまま根雪になり雪支度しないまま雪に埋もれてしまいました 近所の方々の今年の雪予想は案外バラバラで昨年降らなかったから大雪になると言う方、降らないと言う方さまざまでした 実際には1月中旬まで降らずに降り始めるとドカ雪になって、屋根の雪降ろしはすでに手伝いも含めると五か所なりました 今日まではインタバルも良く暖かい日、雨の日があってゆるみ積雪も1mちょっとになっています

雪支度12月中旬 何度か小雪もちらつき焦って柵の撤収開始
c0267580_11439.jpg

柵は山羊小屋に入れず広場にブルーシートで囲いました
c0267580_135954.jpg

さて問題の荻ノ島の茅葺家この二年すっかりおざなりになっていて屋根が相当に傷んでしまいました
とりあえずシートをかけて凌ぐことにしました
作業半ばに大風が吹いて後日見に行くとシートが外れていました 地元のベテランのI塚さんに手伝ってもらいました補修作業開始です
c0267580_1304079.jpg

後日 屋根の診断に松之山の茅葺職人で自然農法の米作り人のK暮さんが手伝いに来てくださり
何とか冬場を凌ぐ事が出来そうです ありがとうございます
この建物の某大学の合宿所構想とは関わりなく自前で時間をかけてなんとか前進させます
頑張ります
c0267580_1271776.jpg

宿舎 長太夫 の雪囲いです
c0267580_22422528.jpg

南天はグルグルハウスに滞在中のO沢君が囲ってくれました ちょっと縛りすぎかな
c0267580_22425539.jpg

グルグルハウスのカフェコンバインも雪支度 
c0267580_22505246.jpg

そうそう 12月中旬に根岸和弘先生が子供自然王国の館長の所に風車の今後について確認打ち合わせに来られました 時間をかけて一万本の増産計画を実現する事を確認しました まずは子供自然王国のでワークショップが決定してちょっと前進した感じがします
c0267580_23253330.jpg

25日はグルグルハウスのギャラリーの向かいの吉田呉服屋さんで昨年と同じように餅つきの手伝いをしました
c0267580_2337336.jpg

コネ役はY川さん 色々なことできる達人で今日はもち奉行です ふかし加減 水加減、つき加減等々実際につきながらおしえてくださいます 後ろで見学しているのは吉田さんのお孫ちゃまと若奥さんです
c0267580_23432379.jpg

企画の伊藤剰展「時空を超えて」も25日無事に終了して搬出に来ました そして餅つきに参加しました
c0267580_23531139.jpg

餅つきで一汗かいた後搬出作業が始まりました
陶芸での立体作品楽しませて頂きました
c0267580_23593369.jpg

剰さん搬出のい後姿がこころなしか寂しそうです またやって下さい
c0267580_034547.jpg

忘年会はO沢君と若者三人が企画してくれました
M野君がみごとな包丁さばきを見せてくれました 
c0267580_0283585.jpg

グルグルハウスでは出入りする方々の年齢層がきわめて高いのでこの平均年齢を下げてくれる若者達は
ほんとうに大歓迎です
c0267580_029203.jpg

この忘年会に写真家が二人参加しておられるのですがグルグルハウスにとってキーパーソンになる方です

K野さん40年来のお付き合いのある先輩ですが昨年自分の会社をたたんで福島の山に隠遁してしまったので乞うて高柳に来てもらっています 彼自身も作家でありながらギャラリー経営の実績があり地域を含めたデザインをもできる方なのです 彼は貞観園とその周辺の環境 特に苔に関心があるようです
そこで彼は実力と発信力のある広告写真協会の重鎮 S木さんに協力を依頼したようです S木さん快く身銭を切ってボランティア活動となりました 

貞観園の小路
c0267580_045674.jpg

貞観園の御当主に許可を園内を撮影させていただきける事になりました
c0267580_0454567.jpg

自然を読みながら感じながら園内を歩いています 
時間がかかる作業になると思いますがよろしくお願いいたします
c0267580_0461085.jpg


2017年 明けましておめでとうございます
年越しは福島からK野さん糸魚川からM澤君と斎藤さんとの四人で越しました
衝撃的で忘れがたい年越しになりました 写真を撮る暇は無かったのが残念
M澤君とK野さんが口論 M澤君がエキサイト穏やかなK野さんも応戦 どんどん声がでかくなって収集がつきません 聞いていた私 大晦日を健やかに過ごそうと思っていたので来ているうちにだんだん腹が立ってきました二人の興奮状態を鎮めるためにはとも
[PR]

by Guruguruhouse | 2017-01-31 23:25 | 高柳町通信


<< 髙栁のゆるキャㇻ      ジンギスカン >>