2016年 07月 04日

オオムラサキが羽化しました

オオムラサキが羽化しました
7月4日朝9時3個のオオムラサキのサナギのうちの一つが羽化していました
美しい! 発見した時には羽はすでにシャッキっとしていました。暫くジッと待機した後ゆっくりと羽根を羽ばたかせています。あっと思うと飛び立ちました 。テスト飛行ですね、再び部屋の障子に止まりジッとしています。

このオオムラサキは先日まで埼玉県の東松山で飼育されていたものです
ちょうちょうの博士である伊藤和貴さんからのプレゼントでした
c0267580_13355549.jpg

凛としています 外は雨模様旅立ちにはちょっときついかもと悩んでいるのでしょうか?
c0267580_13365583.jpg

ユリの花にとまって一休みです
c0267580_22583052.jpg
翌日残りの二つのサナギから雌の蝶が二匹羽化しました
昨日の雄より若干大きめです 色は茶色系で少し地味かな
伊藤博士いわく 雌が大きいのは子孫を残す体力が必要なため、地味なのは外的から発見されにくくするためだそうです 雄が綺麗なのは雌にアピールするためと雌より目立つことで雌の外敵からおそわれるリスクを下げているのだそうです
c0267580_23382535.jpg
実は高柳の地にオオムラサキを飛ばすプロジェクトを計画しています
先日7月2日に活動が開始されました
c0267580_11504619.png

[PR]

by Guruguruhouse | 2016-07-04 13:43 | 高柳町通信


<< 蝶人との出会い      炎の設置(関根哲男野外作品) >>