グルグルハウス高柳オフィシャルブログ

gurutaka.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 15日

嘉者熊勝彦銅版画展(游文舎に協力)

嘉者熊勝彦銅版画展 (日常のまなざし)
柏崎市のギャラリー「游文舎」にて2/14から2\22まで開催されます

嘉者熊勝彦展は2011年の春にグルグルハウス高柳でも開催されました(油彩、水彩、銅版画)
この時に展示した銅版画の作品を游文舎の方々に紹介したところ大変気に入っていただきました
そして今回 游文舎さんによる銅版画展を企画する事になりました その時に発表出来なかった作品も含めて25点を展示します

11日搬入飾り付けです
c0267580_233328.jpg

游文舎を運営する三人です S田さん、S野さん、K下さん
c0267580_2342542.jpg

配置も決まり 手早く壁に取り付けされてゆきます
c0267580_239306.jpg

小生も照明ライトなどを少し手伝いなどさせてもらいました
久しぶりに嘉者熊版画を拝見しましたが 所変われば見え方も変わります
とても新鮮でした
c0267580_23194919.jpg


嘉者熊という名前はとても珍しいのです彼の住む埼玉県戸田市に何軒かあると聞いたことがあります 荒川の戸田橋のたもとの地域に自宅があるのですが 昔は「渡し」があって嘉者熊家はそこの元締め 仕切りをしていたのだそうです
彼は昔からおだやかな方です。とってシャイというか 前に出たがりません 隅の方から じっと見つめている感じの人でまさに今回タイトルの「日常のまなざし」が信条なのです
企画展なので来るように誘ったのですが「すみません会期期間中には行けません」と断られてしまいました 残念 でもしっかりと気使いしてくれて 酒好きな私にと立派な酒とガソリン代を用意してくれていました
こちらが勝手に企画したのだからとガソリン代は断って…酒は頂きました ハイ
彼はそんな人です 作品と人となりがそして戸田の工場地帯や土手のある風情がビタとあっていて伝わって来ます この作品は彼の20台後半の集大成的な版画なのですが20年以上たっても新鮮です
因みに 私が初めて買ったのがこの作品群です 先輩ズラして大人しい彼から シートで13枚だったかな 買い叩きました ごめんね!
[PR]

by Guruguruhouse | 2015-02-15 12:14 | 展覧会


<< 風車と蕎麦屋の日      高柳中3年生の総合学習資料の展... >>