2014年 07月 31日

柴田壁画前にて

柴田智明氏が柏崎市の七色公園で壁画を描き始めてから一か月
始発バスに乗り最終バスで戻るというと言う毎日を休み無く続けた柴田氏です
雨風そして熱波の野外制作 はたから見ていても大変だったと思います ご苦労様でした
でも自分で選んだ事ですから当然なのですが

7月15日 ちょうど中間点です
c0267580_2217161.jpg

部分
c0267580_22171618.jpg

7月21日
c0267580_22201148.jpg

部分
c0267580_22202868.jpg

7月27日
c0267580_22221953.jpg

部分
c0267580_22242887.jpg

8月6日
c0267580_14541680.jpg


7月29日 作品の前で画材店中部写真工業の寺澤さんが慰労会を開いて下さいました
c0267580_15104684.jpg

町内会や役場の方が来てくれました
c0267580_1511886.jpg

しっかりと見入っています 
c0267580_15112486.jpg

すっかり日も暮れてペンライトで閲覧です
c0267580_1512793.jpg
c0267580_15122073.jpg

8月8日 いよいよ10日に東京に戻るとの事 グルグルハウスでも壮行会を開きました
c0267580_21251620.jpg

先輩の先生方にかわいがってもらっています
c0267580_2125477.jpg

皆さんに一言づつ激励の言葉をいただきました
c0267580_2126430.jpg

12時もすぎみんな帰りましたが関根哲男先生は泊まることになっていたのでまだまだ続きました
c0267580_21271067.jpg

翌日は門出の茅葺の里で上映会を観に行きました
姫田忠義監督のドキュメンタリィーです 糸魚川かから村澤氏も来ました
c0267580_21281423.jpg

レジデンスも終わり旅立ちの日です

行ってらっしゃい
ごきげんよう お元気でね
c0267580_21272194.jpg

[PR]

by Guruguruhouse | 2014-07-31 16:33 | 高柳町通信


<< 志田天以展 予告      関根哲男展搬入飾り付け >>