グルグルハウス高柳オフィシャルブログ

gurutaka.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 19日

二人の高柳見学者

埼玉から二人の男性がグルグルハウス高柳に来ました O原氏とT澤氏です
目的はレジデンスの可能性があるかどうかの下見です
奥にいるひげの男性がT澤氏
c0267580_14525355.jpg

左側にいるのがO原氏
氏は浦和にある美術予備校で働きながら作家活動続けています その活動を垣間見ましたが
とってもユニークなプログラムで興味深い作家さんです そんな彼にレジデンシィーに推薦できる人を紹介して欲しいと依頼したところ紹介されたのがT澤氏でした
c0267580_21244634.jpg

T澤氏は手漉き和紙の職人さんで埼玉の小川町に住んでいます 作家としての制作活動はを和紙を媒体にして 本人と関連のあった場の環境や歴史を漉きこむ漉きとる記録する事です
その頃に 偶然にも知人の画廊企画展の案内が送られてきたのですが それが T澤氏の「ganga paper」の DMでした
ガンジスの川面を背景に浅瀬で作業する本人のシルエットがモノトーンで素敵なDMでした
T澤氏と知り展覧会に伺う事にしました
そして 一度高柳を下見にきて下さることになったのです

c0267580_21255042.jpg
c0267580_2126733.jpg

さっそくグルグルハウスの施設と高柳周辺の案内をしました
ちょーど 門出和紙の小林さんの所でイベントをやっています
c0267580_21572338.jpg

イベントそのものは終了していたのですが各地の職人さん方が残って交流会をやっていました
T澤氏は知り合いもいたようです
c0267580_222354.jpg


さてT澤氏の 高柳の印象は感触だったのでしょうか?
是非 レジデンスに来てください
0原氏には7月の高柳小アートクラブの企画、参加をお願いしてます
どうぞ宜しくおねがします
[PR]

by guruguruhouse | 2014-06-19 06:50 | 高柳町通信


<< 壁画話      田所一紘展搬入飾り付け >>