2013年 07月 07日

山羊のクロンが来た

梅雨時でなかなか作業が進みません 合間に大急ぎで小屋や柵などの準備をしなければいけません
c0267580_10345858.jpg

蒸して暑いので少々お疲れモードに入っています 
c0267580_10352051.jpg




山羊のクロンが来ました予定よりものーカ月ほど遅れましたが待望の一陣です
c0267580_9511620.jpg


昨年11月からの久々の帰還で記憶をたどっているのでしょうか?少々戸惑い気味です
c0267580_1014740.jpg


クロンのアップです この春先角切りをしました
c0267580_22112961.jpg


早速  通りがかった親子連れがクロンを発見して連絡しているようです 
c0267580_10153479.jpg


昨年熱心に世話をしてくれた小2のT君も会いに来てくれました
きゅうりを切っているのをクロンが心待ちしています
c0267580_20295944.jpg


ところで
クロンは春に出産産しましたが残念ながら子供は死んでしまいました 

その名残りでお乳がでます 

乳搾りを御近所のお年寄りが実演してくれました
c0267580_11591684.jpg


そして私も生まれて初めての乳搾りを体験しました
c0267580_11593833.jpg


こぼしたりして あまり搾乳できませんでしたが飲ませていただきました
とても濃厚です 子供の頃に田舎で飲んだ記憶が戻ってきました

翌日 O倉さんと奥様が心配してクロンの乳搾りを手伝って下さいました
c0267580_20551089.jpg


やはり僅かしか搾乳できませんでしたが飲ましていただきました
たくさん草を食べていっぱい出して下さい せめて300cc位 お願いします
c0267580_20512579.jpg



雄 山羊のシロンはこれから連れてくる予定です



三日遅れでシロンがやって来ました
c0267580_2154724.jpg


角がありません  里親のS澤さんが獣医さんに頼んで切ってもらったのです 

「少々痛々しいですが人間と直接 接する事の多い所 特に子供さんの多いここではなおさらの事
もし角で顔、目でも引っかけられたらどうしますか 責任持ちますか 山羊の事故は案外と多いのですよ
実際に私のおじいさんも目をやられて白くなってしまい子供心に見ていてとっても辛かったですよ
山羊と暮らすのならそれなりの覚悟でいなくてはいけませんね。」  S澤さんの言葉です
納得せざるを得ませんでした 本来ならば子山羊のうちに処理する方が良かったのです


クロンが出迎えています
シロン行くぞ
c0267580_2154472.jpg


しばしの間会えなくて寂しかったせいかクロンが挨拶に伺っています
c0267580_21551733.jpg


少し慣れてゆったりした時間を過ごしています
c0267580_21555416.jpg


夕方 乳を搾ってもらいました
c0267580_21562386.jpg


夜 鳴き声で近所迷惑にならないかと心配していましたが蛙の方がうるさいぐらいの静かさです
ほっとしました
[PR]

by Guruguruhouse | 2013-07-07 00:00 | 高柳町通信


<< 高柳小アートクラブ 山羊さんを描く      高柳小学校アートクラブ >>